民泊・Airbnb(エアービーアンドビー) は「ハサミ」と同じ?

世間一般の「民泊」「 Airbnb」のイメージ

講演にお招き頂いた時、私は参加者の方々に向かって、冒頭でよくこのような質問をさせていただきます。

「民泊」とか 「 Airbnb」と聞いて、

 あなたはどんなイメージを持っていますか?

すると参加者の多くの方が、どちらかというと「プラス」よりも、「マイナス」なイメージを持たれていることが分かります。

「民泊 or Airbnb(エアービーアンドビー)は、近隣迷惑だ」

「民泊 or Airbnb(エアービーアンドビー)は、安全な住環境を乱す元凶だ」

「民泊 or Airbnb(エアービーアンドビー)は、犯罪やテロの温床になる」

世の中、多くの方がマイナスなイメージを持たれているようなのです。

世間一般の「ホストファミリー」「ホームステイ」のイメージ

一方で、もう1つ違う質問をさせて頂きます。

実際あなたがやるかどうかはひとまずおいておいて、

「ホストファミリー」とか「ホームステイ」と聞いて、あなたはどんなイメージを持たれていますか?

すると、今度は逆に、どちらかというと「プラス」のイメージを持たれている方が多い傾向にあります。

「若い頃に海外でホームステイをして良い経験になった!」

「世界に家族ができるし、将来的には子供を海外でホームステイさせてたい!」

「身近で国際交流ができる!」

このように世の中の多くの人が、ホストファミリーやホームステイに対しては「プラス」のイメージを持たれている方が多いのです。

 

民泊とホームステイは違うもの?

この質問を参加者の方々にして気がつくのは、多くの方が「民泊 or Airbnb」と「ホストファミリー or ホームステイ」は違うものだと考えていらっしゃるということです。

たしかに「民泊」や「Airbnb」が日本で大きく騒がれた頃というのは、ニュースや新聞などの報道ではまったく新しいものとして扱われました。

民泊とは、「ホテルや旅館の代わりに、外国人旅行者を誰も住んでいない一般の家や部屋に宿泊させるもの」として認識され広がったからです。

当時は法律もまったく整備されておらず、一部で近隣の迷惑を省みずお金儲けだけを目的として拡大し、それが大きく注目されてしまったことも原因としてあるでしょう。

 

しかし、「民泊」や「Airbnb」にはもう1つの側面がありました。

「住んでいる部屋の1室に宿泊させることもできる」という側面です。しかも、旅行者だけでなく、留学生や企業研修(インターンシップ)で日本に滞在する外国人も利用するのです。

これはまさに「ホームステイ」です。(宿泊させる人はホストファミリー)

「民泊」や「Airbnb」は、ホームステイするという意味やホームステイする手段でもあるのです。もともとは「民泊」は、英語にすると「ホームステイ」となります。

民泊・Airbnb(エアービーアンドビー) は「ハサミ」と同じ

そのため、「民泊」「Airbnb」はハサミと同じだと私は考えています。ハサミと同じで、使い方や使う人によって、善にも悪にもなる。

ハサミは、紙を切る便利な道具にもなり、人を殺すための凶器にもなります。

「民泊」や「Airbnb」は、近隣などの迷惑を考えず、毎月何十万円、何百万円と稼ぐためのお金儲けの道具として利用することもできます。犯罪に利用することだってできてしまうでしょう。
 
一方で、手軽に国際交流の場を作るための道具として利用することもできる。私のように適正な価格をいただきながら子供への英語教育としても利用できる。

世界中に日本のファンを広げるための道具としてもできるのです。

使い方や使う人によって大きく変わってしまう。だからこそ、ホストファミリーとしての民泊やAirbnbの素敵な使い方をどんどん講演で広めていきたいと考えている次第です。

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

【オンライお茶会を実施】

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、始め方が分からない方や不安な方がいらっしゃいましたら、オンラインお茶会にいらしてください。

Zoomというアプリを使い、テレビ電話のような形で複数人で座談会を行いますので、インターネットがつながる場所ならどこからでも参加可能です。

やり方も簡単です。ご案内したURLをクリックするだけで自動的インストールが行われ、難しい設定は一切必要ありません。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

オンラインお茶会の日程はこちら