【外国人あるある㊲「改めて痛感するとき・・・」】

 わざわざ言われなくても知っているのですが、悪気のない素朴な発言に改めて痛感するのです・・・

house1 house2 house3 house4

 ゲストとそれぞれ自国の話をする際、「違い」を出し合うのは話が盛り上がりますし、トピックとしても話しやすいことが多いです。食べ物しかり、生活習慣や文化しかり。

 それらの会話は比較であって、優劣ではないことはわかっているのですが、それゆえ複雑な心境になることもあります。ゲストの発言が無邪気が故に、切なさを感じてしまうこともあります。

 こうして私たちは「世界の広さ」身にしみて体験していくのですね。