今だから言える、留学前にやっておいた方がいい準備(6)住居編

ワーホリや留学で海外に渡った際に、最も重要なことの1つに「住む場所の確保」が挙げられます。
日本では自分の住みたい街で、予算に合わせて物件を選ぶことができますが、海外ではそうはいきません。
そこで今回は、海外のアパート事情や、海外での住まい探しについてご紹介したいと思います。

 

1、学生寮

交換留学や、現地の大学に通うために海外へ行く人には、まず学生寮が考えられます。
大学の敷地内もしくは近くに建てられており、安い家賃で住むことができます。
しかしながら、学生の数に対して寮の部屋が足りてない大学が多くあるので注意が必要です。留学生でも寮に入れないということはあまり珍しくなく、そうなった場合は自力で住む場所を探さなくてはなりません。
寮の部屋を確保できたら楽しい寮生活が味わえます。外国語で勉強を教えあったり、一緒に料理をしたりと、語学力アップも期待できます。

 

2、アパート

日本では自分の希望や条件に合うアパートを探して借りることができますが、海外ではそうはいきません。

私が住んでいるスウェーデンでは、アパートの数が足りておらず、首都ストックホルムの中心でアパートを借りたいなら20年待ちと言われているぐらいです。不動産を管理している会社に登録すると、1日1ポイントがもらえ、そのポイントが高い人から物件の内見に行けて契約の権利が得られるのです。そういうシステムのため、登録してから実際にアパートの権利を得られるのに20年かかると言われています。首都の中心でなければ20年も待つことはありませんが、いずれにしてもすぐには自分のアパートは手に入りません。

しかし、自分のアパートがゲットできなくても、アパートの権利を持っている人からその権利を借りて、その人のアパートに住むことはできます。例えば、アパートの持ち主が長期で海外へ行ったり、他の街へ引っ越すけど、自分のアパートを確保しておきたい場合に他の人に貸し出すことがあります。こういうケースでは、家具や家電、食器など全部付いていることが多いので、自分で揃える必要がなく便利です。しかしその分、家賃は高くなります。

 

3、ルームシェア・間借り

自分のアパートをゲットするのは難しいスウェーデンでも、他の人のアパートの一室を借りるのは難しくありません。
大きいアパートや家を持っている人の多くが部屋を貸し出しています。この場合多くは、キッチン、バスルーム、リビングは共有、それに自分の部屋となります。家賃は自分でアパートを借りるよりも安い場合が多いです。間借りの場合も、家具等は揃っていることが多いので、数ヶ月の滞在の方には便利だと思います。
ルームメイトの募集は、SNS上に書かれていることが多いです。Facebookでも、留学先の国や街名+アパートと探すと、アパート情報やルームメイト募集の記事がアップされているグループがある場合が多いです。

ルームシェアで気をつけたいのが、一緒に住む人との相性です。文化の違う他人と住むわけですから、不都合が起きるのは当たり前ですが、それが我慢できる範囲内なのか否かが重要です。
例えば、キッチンに使用後の食器が溜められていたら、どのくらいまで許せるのか。また、ルームメイトが友達を連れてきた際、どのくらいうるさくされても平気なのか等、その許容範囲は人それぞれです。
相性が良い人と住めたら最高ですが、合わなかった場合は毎日イライラが溜まってしまうので注意が必要です。借りる前にできるだけルームメイトとなる人がどんな人なのか見ることと、契約時に共同生活の決まりごとなどを確認しとくといいでしょう。

私はスウェーデンでは何度も間借りをしています。今も自ら希望してルームシェアをしていますが、理由はスウェーデン人と住むことで語学力がアップするからです。今のルームメイトはスウェーデン語の先生をしている人なので、会話中にもいろいろ教えてもらえて、とても良い環境です。

 

4、ホームステイ

私が一番おすすめしたいのがホームステイです。
特にその国に初めて行く場合は、右も左もわからないという状況に陥ることもあります。私の場合はそれをホストファミリーが親切に、丁寧に教えてくれました。交渉次第では、家賃無料でお世話になれる場合もあります。
食事も提供してくれるご家庭が多いので安心です。
この場合は、自分の好き嫌いをあらかじめはっきり伝えておきましょう。海外では、好き嫌いがあることが悪いことではないと考えられている節があります。それよりも嫌いなものを言わず、出てきたものを残す方が失礼です。

ホームステイがルームシェアと違うのは、本当に家族の一員として接してもらえるところだと思います。海外にもう1つ家族ができることは素敵なことですよね。

 

以上、留学前にやっておいた方がいい準備住居編でした。

海外生活は初めてのことばかりで、疲れやストレスが少なからず溜まる生活になりますから、住む場所はとても重要です。
ストレスがなくリラックスできるところを確保したいですね。

次回はホストファミリーの探し方を私の経験とともにご紹介したいと思います。