質問46:受け入れる際の料金設定はどうすればいいでしょうか?

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

Q:来年から新民泊法が施行されるので、はじめようと思ってます。
田舎なんで、競合もいないかわり、お客さんも少ないと思うのですが、料金の設定がわかりません。
食事を出した場合と、そうでない場合など、どう設定すればよいのでしょうか。

国際交流が目的なにで、儲けようとは思ってませんが、赤字にならないくらいの料金設定をしたいと思ってます。
田舎なもんで、競合もいないかわり、訪問してくれる方もそうはいないと思うのですが、どれくらいなら、赤字にならなくてすみそうですか。

 

A.いつもメルマガをお読み頂き、ご質問ありがとうございます。

滞在費についてのご質問ですね。

おっしゃる通り、ボランティアや自己犠牲して受け入れてしまうと、よっぽど裕福なご家庭でない限り、続かなくなってしまいますので、「苦しくない料金設定」をされると良いと思います。

受け入れをされる場合、以下のような料金が受け入れ側の負担となります。

・電気代、ガス代 ※夏はエアコンを使いますので、電気料金は上がります。

・水道代 ※外国人は基本シャワーで、一日に数回入ることもあります。

・食事代 ※外国人ゲストにもよりますが、

・電話代、通信費 ※ゲストはご両親に電話をすることも多く、インターネットは必須です。

・布団代 ※布団はほぼ汚れます。高い布団ではなく、使い捨ての感覚で安い布団が良いでしょう。

他にも、外出したりすると余計にお金はかかりますし、面倒を見るための手間や負担を考えて、料金設定されると良いでしょう。

大学や日本語学校などの目安として、1泊2食で2000円~3000円月6万円~9万円の謝礼が出るところが多いです。

料金設定の参考にされると良いと思います。
なお、どこにお住まないなのかは、ご質問に書いていらっしゃなかったので分かりませんでしたが、どの地域においても、少なからずホームステイのニーズはあります。

以前、1ヶ月滞在していたアメリカ人の女の子は、我が家に来る前は、新潟県出雲崎町というところに1年間ホームステイしていたそうです。

繰り返しになりますが、決して「自己犠牲」にならないような料金設定にして、受け入れ側も受け入れてもらった側も、双方がハッピーになる料金設定にされると良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座