独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載25回目】

◆今までの「あらすじ」

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をする。

筆者は賃貸マンションに住んでおり、大家さんがAirBnbに反対ということもあり、語学学校からホームステイを受け入れる。語学学校にホストファミリーの申込書を提出し、語学学校の担当者が受け入れ可能かどうかを審査するための家庭訪問を行い、Aino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子が来ることに決まり、受け入れ準備も済ませ、ついにAinoのホームステイがスタート。なかなか面白い出来事がポツポツ出現していて…

 

◆ホームシック

「ホームシック」という言葉があります。家が恋しい、という気持ちが強すぎて、鬱のような症状が出ることです。
ホームシックになると、外出するのが困難になります。それどころか、食事すら食べられなくなります。

幸いにもAinoは全くホームシックがありません。それどころか、Ainoは「フィンランドの家よりもこの家の方が好き」とまで言っています。
Ainoに写真を見せてもらったのですが、Ainoの家は平屋建てで、裏庭だけでもゆうに15台ぐらいの車を止められるぐらいの広さがあります。それに対して我が家は、元々は某企業の社宅だった建物なだけに、日本全国によくありがちな「キッチン+2部屋」という集合住宅です。
設備のようなハードウエアではなく、何か別のソフトウエアが、Ainoにそう思わせているのでしょうね。

語学学校の友達とAinoは色々な場所に出かけます。休む暇がないほど出歩きます。
「やることが沢山あって、ホームシックになっている暇がない」とAinoは言います。名言だと思います。

 

◆Ainoが来たらやりたかったこと

Ainoが来たら絶対にやりたいと思っていたことがありました。それはたこ焼きパーティーです。

普通、たこ焼きは小麦粉で作りますので、思いっきりグルテンが含まれます。グルテンフリーのAinoは、たこ焼きを食べられません。
そのたこ焼きを米粉で作るのもそうですが、「たこ焼きパーティー」としてたこ焼きをやりたかったのです。

私の姪で、Ainoより1,2歳ほど年下の子がいます。この子が来れば良い体験になるでしょうし、Ainoにとっても同年代の日本人の友達を持つ良いチャンスになると思ったのです。

残念ながら私の姪は忙しくてたこ焼きパーティーに来ることはできませんでした。
その代わり、と言ってはなんですが、隣の駅に住む、日本ホストファミリー養成協会の主催する「ホストファミリー養成講座」の受講生である枡田さんと、枡田さんの家にホームステイしているVeera(ベラ)ちゃんがたこ焼きパーティーに参加しました。

このVeeraはAinoと同じくフィンランドから日本に来ていて、ちょうどAinoと同じグループで日本語学校に通っています。すでにAinoとVeeraは仲良しです。

 

◆たこ焼きパーティーは盛り上がる

やっぱりたこ焼きパーティーは盛り上がりますね。「ホストファミリー養成講座」の中でも「たこ焼きはオススメ」とありましたが、実に盛り上がります。

枡田さんはたこ焼きを作るのがとても上手で、一方の私はイマイチ上手に丸くできず、AinoやVeeraも頑張ってたこ焼きをクルクル回していました。

そう、たこ焼きの中に入れる長ネギはAinoにカットしてもらいました。ハサミで刻むと簡単ですし安全です。
それと肝心のタコはVeeraと一緒に切りました。

ホームステイで来る子は決まって「何か手伝う?」と訊きます。なので、私は予めこの2点だけは、2人にやってもらう予定でいました。
こういう準備も、これはこれで楽しいものです。

参考までに…
グルテンフリーという制約のあるAinoのために、「天かす」の代わりに「油揚げ」を使いました。
使った油揚げは薄いタイプで、予めそれを細かく刻んで、少し多めの油で炒めました。炒め始めは全く変化がないのですが、ある時点で急に色づきますので、そうしたら火を止めて適当な器に移しておきます。

この「油揚げの天かすもどき」は、たこ焼きに合います。たこ焼きを作っていて気づいたのですが、この「油揚げの天かすもどき」はクルトンの代わりに使えるかもしれません。

あとで気付いたのですが、お米で作られたポン菓子(コメはぜ)を炒って天かすの代わりにしても良かったかも。結構、油揚げを細かく刻むの、面倒ですし。

 

◆良い思い出作り

たこ焼きパーティーは、本当に良い思い出作りになったと思います。
特に、偶然にも同じグループで勉強しているVeeraと一緒だったので、AinoとVeeraは何やらフィンランドの言葉で大いにガールズトークで盛り上がったように思います。

もし今度またホームステイを受け入れるとしたら、ホームステイで来ている子たちに「お友達も連れて来て良いです」と言ってたこ焼きパーティーしようかな。

日本ホストファミリー養成協会では、ホストファミリーのための情報を提供しています。ホストファミリーに興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

 ▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください