日本人が英語を話せない意外な原因

◆日本人が英語を苦手とする意外な原因

多くの日本人が英語を話せない理由は、英語力うんぬんの前に、意外なところに原因があると言います。

もしあなたが英語を「苦手だな」と感じているようでしたら、以下のチェックをしてみてください。

【チェックリスト1】

□ 外国人の前で話をする時に赤面してしまう

□ 外国人の中にいると緊張して手汗をかいてしまう

□ エレベーターなどの狭い空間で外国人と一緒になると緊張する

□ 外国人と目が合うとどうしたらいいかわからずうろたえてしまう

□ 会話中に、自分がおかしいと外国人に思われているのではないかと感じる

あなたは、いくつチェックが付きましたか?

チェックが多く入った人ほど、英語に苦手意識を感じている人が多いはずです。

◆このチェックリストの意味は?

実はこのチェックリストは、「対人恐怖症」かどうかのチェックをする時のチェックリストの一部を、「他人」→「外国人」に入れ替えただけです。

それでは、このチェックリストをすべて、「他人」に入れ替えて、チェックしてみてください。チェックは何個つくでしょうか?

たとえば、1問目の「□ 外国人の前で話をする時に赤面してしまう 」は、「□ 他人の前で話をする時に赤面してしまう 」となります。

【チェックリスト2】

□ 他人の前で話をする時に赤面してしまう

□ 他人の中にいると緊張して手汗をかいてしまう

□ エレベーターなどの狭い空間で、他人と一緒になると緊張する

□ 他人と目が合うとどうしたらいいかわからずうろたえてしまう

□ 会話中に、自分がおかしいと他人に思われているのではないかと感じる

 

チェックは何個付きましたか?チェックは増えましたか?減りましたか?

もしあなたが、「外国人」を「他人」と入れ替えても、チェックの数が変わらないようでしたら、あなたがそもそも英語に苦手意識を感じるのは、

あなたの英語力に原因があるのではなく、「対人」に対する苦手意識ががあるのかもしれないのです。

つまり、日本人の多くが英語に苦手意識を感じるのは、英語力に原因があるのではなく、外国人への苦手意識が原因でもなく、そもそも「対人」に対して苦手意識がある可能性があるのです。

この「対人」への苦手意識を克服しない限り、いくら英語力を付けた所で、英語を話せるようになるのは難しいということになります。

 

一方で、「外国人」の時の方がチェックが多かった場合は、「対人」に対しては苦手意識がないので、あなが「外国人慣れ」していないだけということになります。

もちろん他にも原因がある可能性は考えられますが、多くの日本人が陥っている原因が、そもそも英語力にあるのではなく、対人力やコミュニケーション力に原因があると考えられているのです。

原因が分かってしまえば、克服もしやすくなります。

◆私がどう苦手意識を克服できたのか?

かく言う私も数年前までは英語に苦手意識を持っていました。

今でもスラスラ話せるワケではありませんでしたが、そもそも「人見知り」で、「外国人慣れ」もしていませんでした。

ホストファミリーをすることによって、半強制的に「人見知り」が治り、「外国人慣れ」していくことで、「英語慣れ」もしていき、英語への苦手意識が自然と消えていったのです。

先日は英語でビジネスの話しをしたりもできるようになりました。

英語で自分の考えや意見を言えるようになってきたのは、英語力が劇的に向上したというよりも、対人力がいに付いたお陰ではないかと考えている次第です。