話題となったNHK番組「日本の異国にホームステイ」

◆異文化交流ネタの番組

異文化交流をネタにしたテレビ番組が流行しています。

多くの日本人が知らない、世界のどこかの僻地に住む日本人を訪問したり…そんな世界のどこかの僻地に泊めてもらってお別れの時にウルウルしたり…はたまた、海外から来た人に「どうして日本に来たのか」を観察したり…

クイズ番組も人気がありますが、そのクイズ番組と同じかそれ以上に、異文化交流ネタの番組は多いのではないでしょうか。

「こういうところが日本はすごい!」といったような番組も含めると、クイズ番組を軽く超えることは、間違いないでしょう。

 

◆日本の異国にホームステイ

そんな中、2017年の夏に『日本の異国にホームステイ』という番組がNHKで放送され、話題となりました。

この番組は、日本に増えている在留外国人のお宅に1日だけホームステイさせて頂いて、その国の文化や習慣を体験して学ぼうというものです。

日本人が、「日本に住んでいる外国人の自宅に突然泊めてもらう」ということで、ほかの番組とはちょっと視点が違うところが話題を呼んでいるようです。

 

◆百聞は一見に如かず

この番組から学べることの1つとして、「実体験の大切さ」ということが挙げられます。

「百聞は一見に如かず」とは言いますが、知っているのと、実際にやってみるのとでは大きく違います。

日本人もの多くの人が、外国人について知っていて、それぞれの国や文化について、それなりに知識があります。

・フィリピンがどういう国なのか?

・ドイツ人はどんな人達なのか?

しかし、多くの人が知っている外国のことを、実はあまり良く理解していなかったりもします。お隣の韓国や中国ですら。。。

 

今の時代、「知る」のはとても簡単です。

テレビでも情報は入ってきますし、インターネットで瞬時に検索することができます。

しかし、「知っている」のと「実際に体験する」のは大違いです。「百聞は”一験”に如かず」とでも言うべき時代です。

そのことは、ホストファミリーとなり、外国人ホームステイを受け入れてみると、すごく良く分かります。

知識だけはあったフィンランドが、フィンランドの女の子と一緒に生活することで、まるで違ったものになりました。

 

それは、これからの日本を担っていく日本の子どもたちにも言えることです。海外にホームステイさせて外国の文化を体験させるのが一番でしょうが、簡単に実現することができるのはごく一部のご家庭でしょう。

お金の問題、スケジュールの問題、心理的な問題など、さまざまなハードルがあります。

しかし、日本にいながら、海外にホームステイしたような体験ができる!となったらどうでしょうか?さらに、お金を払うどころか、お金を逆に頂きながら実現できるとしたらどうでしょうか?

 

日本ホストファミリー養成協会では、ホームステイを始めたい方や、ホームステイを受け入れた方に、より充実した受け入れのためのノウハウを提供しております。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください