独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載32回目】

◆今までの「あらすじ」

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をする。

筆者は賃貸マンションに住んでおり、大家さんがAirBnbに反対ということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れる。Ainoも筆者も色々な経験をして、あっという間にお別れと同時に次の留学生、それも男性2名が来るもしょっぱじめからトラブルが発生し…

 

◆ライトノベル?の世界

ライトノベルとは、日経BP社『ライトノベル完全読本』によると「表紙や挿絵にアニメ調のイラスト(≒萌え絵)を多用している若年層向けの小説」とされているそうです。

私はそういうものは一切、読まないし、表紙を見ただけで吐き気がする…というのは大袈裟ですが、「気持ち悪い」と思うタチなので、全く馴染みがありません。あ、でも、15年ぐらい前に「若者にも読んでもらいたい」という理由で夏目漱石の「三四郎」や「それから」の表示が、わたせせいぞうのイラストで販売されたのは肯定的に受け入れています(生意気にも私、小学生の頃から「ハートカクテル」とか愛読していましたし)。

 

それはそうと…

東京のベッドタウンに一人暮らししていて結婚を夢見ている、どこにでもいそうな普通のOL。
そこへホームステイしに来た外国人は、スイス人男性とオランダ人男性!
スイス人男性はクールでちょっと渋みがあって、オランダ人男性は明るく優しくて、どちらも身長が180cm以上あって、スレンダーで超イケメン!

…なんて設定、そういうライトノベルみたいな世界にありそうですね。

 

ただ、偶然にもそれが本当に実現しているんです…あ、「どこにでもいそうな普通のOL」って部分は、私の場合「フリーランスのライター」ですので、そこだけはちょっと設定が違いますが。

ともかく、ホームステイを受け入れたら、こんな(特定の人にとっては夢のような)生活がスタートしました。

 

◆寂しい?ホストファミリー

ホストファミリーの多くが抱える問題が、食事の準備だったりします。これに頭を悩ませるホストファミリーが多くいます。

私の場合、すでに前回Ainoを3週間受け入れた経験があるので、「基本的にはその時のメニューを繰り返せば大丈夫」だと考えていました。
でも、NathanaelもNeilsも、結構少食ですし、特に朝は主にフルーツしか食べないそうです。

そこに加えて、昨夜は2人とも外で食べてくるとメールがありました。
とりあえず作ったお好み焼きは、朝ごはんで食べたい人が食べることになりました。

多分、こんな感じに、今後ほぼ毎日、彼らは外で食べてくるんでしょうね。
一人で夕飯を済ませながら、なんだか寂しいホストファミリーだな、と思いました。

まぁ、せっかく日本に来たのだから、彼らは思いっきり日本をエンジョイしたら良いと思います。そして、私は彼らが思いっきり日本をエンジョイできるようにサポートするだけです。

 

◆朝のバタバタ

一度に2人のホームステイを受け入れて、食事の準備よりもちょっと大変だったのが朝のバタバタです。

話は前後しますが、おそらく二人とも疲れているので、初日の朝は、あっさりと食べられるひやむぎを用意しました。これはこれで良かったのですが、2人がバタバタしたのはシャワーです。

先に起きたNeilsに私は「シャワーを浴びてから朝食にするか、朝食をしてからシャワーを浴びるか」を確認しました。するとNeilsは「先に朝食にする」と言い、食べ始めるのですが、そこに後からやって来た(普段は朝ごはんにフルーツしか食べないという)Nathanaelが軽くしか朝食を食べないので、先にシャワーを浴び始めたのです。そのためNeilsはシャワーを浴びるのが学校に出かけるギリギリになるという始末。

やっぱり日本の夏は蒸し暑いので、起きたらシャワーを浴びたいのでしょう。でも、これからは朝のシャワーの取り合いが懸念されます。

 

◆朝寝坊も心配

私は朝6時半に起きて朝食を準備します。我が家では朝食は何時という明確なルールは設けていないのですが、6時半に準備を開始すると7時には食べられます。

ところが今朝Nathanaelは7時少し前に起きて「寝坊した!」と慌てていました。どうやら今日は授業が8時からスタートするようで、7時には家を出ないと間に合わないと言います。

とりあえず、バナナ1本だけ渡して家を出しました。
カロリーメイトですとか、ウィダーインゼリーみたいなものを買っておけば良かったかな、と思いました。そして、こういう日に限って、お煎餅ですとかクッキーのような、手軽なお菓子もストックが切れているんですよね…。

日本人のお母さんだったら「味噌汁の1杯を飲んでから行きなさい」みたいに言うのでしょう。ただ、私はまだ彼らに味噌汁を出していません。「飲んで行け」と言って彼らの口に合わなかったら残念ですよね。

 

◆遅刻しないの?

逆にNeilsは7時45分になっても家を出る様子がないので、ちょっと心配しました。

まさか学校に行きたくないとか、そういうことは、ないよね?
朝ごはんの時に色々と話してくれたのだけれど、彼は学校の友達とラーメンを食べたりUFOキャッチャーで遊んだりと、結構楽しんでいる感じがあったから大丈夫だとは思うんだけれど。

さすがに8時を回って、「今すぐ出発しないと9時の授業には間に合わない」と思い、シャワーを浴び終えたところで声を掛けました。すると「今日は11時からで、10時に友達と待ち合わせしているから9時に出る」とのこと。

まぁ、基本的にNeilsもNathanaelも大人だから、時間の管理は自分でできるんだし、彼らを信じて任せておけば良いんですけれどね。

 

日本ホストファミリー養成協会では、ホストファミリーのための情報を提供しています。ホストファミリーに興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

 ▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください