ホストファミリーをやっていて最高に嬉しい瞬間とは?

先日、スイスの女の子からお手紙が届きました。

まだまだ違和感のある日本語ですが、それでも一生懸命にがんばってがんばって漢字も使って書いてくれた手紙。

LINEでもらえるメッセージも嬉しいけれど、時折くれるこうしたお手紙に感動します。

世界のどこにいても家族のようにつながれることが、何よりも私の幸せです。

 

ところで、ホストファミリーをやっていて最高に嬉しい瞬間とは、どんな時でしょうか?

お手紙をもらった時!

自分が英語が話せるようになったと実感した時!

子供が英語を話してくれた時!

「ありがとう、また来るね」って、別れ際に言ってくれた時!

いろいろとありますが、私の中で最高に嬉しい瞬間とは、「また行きたいんだけど、お部屋空いている?」とメッセージをもらった時です。

つまりリピートしたいとメッセージをもらった瞬間です。

 

なぜなら、一度目の滞在があまり良いものでなければ、「もう一度来たい」とはならないと思います。

一度目の滞在の時に、「家族のようにつながれた!」と感じてもらえたからこそ、もう一度来てくれるのではないかなと思います。

もちろん日本に来るのは大変ではありません。

「行きたい」と思ってくれていても、来れない場合もあります。

 

しかし、それでもわざわざもう一度来てくれることが、本当に嬉しいのです。

今年もいっぱいのリピートがありましたが、来週からトルコ人がまた来てくれます。彼はもう5回目でしょうか!?(笑)

そして、来年は毎年来てくれるスウェーデンのおじいちゃん、スウェーデンの女の子、フランス人の男の子、スイス人の女の子が、「また来たい!」とメッセージをもらい、来る予定になっています。

こうやって何度も何度も我が家に来てくれることが嬉しくてたまりません。