海外に留学する前に、自宅でホームステイを受け入れをした方が良いつの3つの理由

「そっかー、それは辛かったね。。。」

 今週から我が家にはイギリスからやってきた中国籍の女の子がやってきました。来年の2月までの割りと長い期間受け入れする予定なのですが、日本は4度目とのことで、日本語も上手です。

 日本では英語の先生をやりながら、スカイプで中国に住む中国人に対して、英語を教えたりもしているそうです。アニメの声優さんをやっていそうな、可愛らしい女の子です。

 その彼女が私に話してくれたことなのですが、両親が彼女の語学のためにと、彼女がまだ幼い頃に香港からイギリスのマンチェスターに移住したそうなのです。ですので、香港で生活していた記憶はほとんどなく、中国語よりも英語の方が得意なぐらいなのだそうです。

 そんな彼女が、イギリスで留学のような学校生活を送っていた時のこと。たびたび学校でいじめにあい、辛い学生生活を送っていた頃もあったそうです。寂しそうな目をしながら、私に語ってくれました。

海外留学経験者の多くが辛い思いをしたと回答

 現在でも、毎年多くの日本人が海外留学をしています。

 独立行政法人日本学生支援機構が実施している「協定等に基づく日本人学生留学状況調査」によると、大学等が把握している日本人学生の海外留学状況は、平成27年度(2015年度)で、84,456人(対前年度比3,237人増)となり、留学者数の多い国・地域は、アメリカ合衆国18,676人(対前年比93人減)、カナダ8,189人(対前年比816人増)、オーストラリア8,080人(対前年比804人増)でした。

(文部科学省より)

 しかし、このような仕事をしていると留学経験者の方から話しを機会も多いのですが、「とても良い経験ができた!」と語ってくれる一方で、「いじめを受けた」「人種差別的なことを受けた」「友達があまりできなかった」「英語は上手なれなかった」など、辛い思いをした人も大勢いるようです。

 海外に留学する日本人の多くが、希望と期待を胸に海外留学したにも関わらず、辛い思いを経験しているのです。そして、行く前よりも語学や世界への熱が冷めてしまう人もいます。せっかく高いお金と時間と、覚悟を持って留学したのに、それは本当に残念なことです。

海外留学で辛い思いをしないためには?

 海外留学で辛い思いをしないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

 「留学先を誤らない」「下調べをする」「準備を万全にする」といったことが大切になってくるのですが、お金や時間にも制限もある中で、完璧を目指すのはかなり難しくなってしまいます。

 そこで、オススメなのは「ホストファミリー」です。

日本にいながら、海外留学をしたような経験ができるホストファミリーは、とてもオススメです。現在スウェーデンで生活している日本人女性が、「今だから言える、留学前にやっておいた方がいい準備」でも言っておりますが、ホストファミリーにはさまざまなメリットがあるからです。

この記事は、彼女自身が、「これやっておけば良かったぁ〜」と感じたことが書かれているため、海外に留学されるのであれば、もしくは息子や娘に海外留学させるのであれば、ぜひとも参考にして頂きたい記事です。

海外留学前に自宅でホームステイを受け入れるべき3つの理由

そして、彼女の記事に加えて、「海外留学前に自宅でホームステイを受け入れるべき理由」として、

1.言語慣れはとにかく大きい

「言語慣れしておくことのメリット」については彼女も記事で書いていますが、海外に留学して語学を習得しようと考えている人にとっては、このメリットはとにかく大きいです。

なぜなら、海外に留学してから語学習得のために、現地の外国人と拙い英語を話そうとしても、「何言ってんだ?この日本人は?」と相手にされないことも多々あります。(もちろん優しい人もたくさんいます。)この態度は日本人よりもあからさまな気がします。

しかし、日本の家にホームステイにしに来てくれる外国人は、どんなに拙い英語や言語でも、一生懸命理解しようとしてくれます。それはそうです。コミュニケーションを取るために、わざわざ日本でのホームステイを希望しているのですから。

ですので、間違った英語や言語でも聞いてくれますし、場合によっては、「こんな風に言ったらいいよ」と教えてくれるのです。ですので、自分に自信を持つことができるようになるのです。

2.現地の情報が詳しく分かる。

また、世界中のあらゆるところにコネクションができますので、現地の情報が詳しく入ってきます。

海外留学する人や留学させる親としては心配は尽きません。「本当に安全なのか?」「その学校は本当に良いのか?」「どんなものを用意すればいいのか?」といった、現地の人でないと分からないことまで、事前に詳しく知ることができます。

3.コネクションは本当にありがたい

また、そのコネクションは本当に有り難い。ホームステイ受け入れを通じて繋がったコネクションは、家族や友人のようなコネクションになりますので、自ら家に招待してくれることもありますし、良さそうなホストファミリーを親身に紹介してくれることだってあります。

ホストファミリーから「ペットや家政婦やベビーシッターのような扱いを受けた」というようなこともなくなります。もしかしたら、いやらしい話しかもしれませんが、ものすごく安く留学できたりすることだってあるかもしれません。

そして、なにより現地に行った時にあらゆる面で心の支えになってくれます。

一大決心を無駄にしないためには?

J-Hostでお伝えしているホストファミリーは、「夫婦共働きでもできる」「安全な受け入れができる」「都合に合わせてできる」、新しいスタイルのホストファミリーです。

せっかく一大決心して行く海外留学です。絶対に何かを得て帰りたい!何かを得て帰ってきてほしい!と考えると、留学前にホストファミリーを経験していくことを強くオススメする次第です。