日本の文房具が海外で大人気

◆日本の不思議な文房具

日本は、ものすごく文房具の種類が豊富です。
「種類が豊富」の理由は大きく分けて3つあります。

1つはキャラクターものが多いこと。

それと本来の文房具としての用途ではない用途が付加されている文房具が存在すること。

そして文房具としての優れた付加価値がある文房具が存在することです。

 

キャラクターものといえば、サンリオに代表されるような、キティちゃんのようなキャラクターがついた鉛筆やノートが有名です。

もちろんディズニーランドに遊びに行けば、おみやげ屋さんでミッキーマウスやドナルドダックのついた文房具が売られています。

ミニオンにポケモンにドラゴンボールに…ありとあらゆるキャラクターが文房具になっています。最近ですとJR東日本のペンギンまで文房具があります。

 

本来の文房具としての用途ではない用途が付加されている文房具としては、例えば消しゴムのケースが爪磨きになっている消しゴムなどが挙げられると思います。

つまらない授業中の暇つぶしに爪でも磨くのでしょうか? ただ、この「爪磨き付き消しゴム」は小学校高学年の女子でも持っていることがあります。

 

そして文房具としての優れた付加価値がある文房具…これが実に素晴らしいのです!

 

今回は、来日外国人がお土産としてよく買う、外国人に人気の文房具のうち、3つを紹介したいと思います。

 

◆ボールペン

文房具としての優れた付加価値がある文房具の代表選手は消せるボールペンでしょう。書き損じた時に、このボールペンの裏側でこすると消える、あのボールペンです。

このボールペンは外国人にも大変人気があり、何本もまとめてお土産として買う人が多いです。中には替芯も合わせて買って行く外国人もいるとのこと。

 

ちなみに、ホストファミリーの皆さんに是非とも覚えておいていただきたいことがあります。それは「間違って消えてしまった場合の対処法」です。

消せるボールペンは、摩擦熱で消えます。そのため、消せるボールペンで書いたメモを例えば、うっかり炎天下の車の中に置き去りにしてしまうと、熱によって消えてしまいます。
そんな時は、そのメモを冷凍庫に5〜10時間ほど入れておくと、再び見えるようになります

多分、文房具屋さんで買う時に、そのようなことは教えてもらえないので、是非ホストファミリーの皆さんがサポートしたら良いと思います。

 

もちろん消せるボールペンの他にも、ジェルインキのボールペンも外国人に人気です。
ジェルインキのボールペンは、あの使い心地・書き心地に驚いて買う外国人が多いそうです。

 

◆マスキングテープ

マスキングテープと聞いて「文房具の話をしているのに何でマスキングテープ?」と思った方も、いるかもしれません。
確かに元々マスキングテープは日曜大工などをする際に使うものでした。

ただ、日曜大工で使うマスキングテープが白(あるいはクリーム色)なのに対し、文房具屋さんで取り扱っているマスキングテープはカラフルです。

 

文房具屋さんで売られているマスキングテープの用途は多様です。

例えば、写真を壁に貼る時などに、マスキングテープを使うことがあります。
日曜大工で使うマスキングテープであれば、マスキングテープを輪っかにして写真の裏に貼ります。

ところがカラフルなマスキングテープではそのようにしません。あえてマスキングテープの柄が見えるように貼ります。
場合によってはマスキングテープで写真の四辺を押さえて貼ります。

こうすることで、まるで額に入っているかのような見栄えになります。

 

元々、日曜大工で使うマスキングテープは、仮止めしたり、ペンキなどを塗る際に汚れないように境界線に貼るといった用途に用います。実用的です。

ただ、文房具屋さんで売られているカラフルなマスキングテープは、実用的ではない用途に使われることもあります。
実用的ではない例としては、ノートや瓶などをデコレーションするのに使うことがあります。

 

ところが、こういう実用的ではない使い方ができるカラフルなマスキングテープは、外国人にも大人気です。とりわけ、若い女性に大人気です。

 

◆たかがノリ、されどノリ

「外国人がノリをお土産に買って帰る」と言うと、あの、お寿司やおにぎりに使われる海苔がお土産になっているのだと思うかもしれませんが、今回のノリは、紙を張り合わせるのに使う、あの文房具の糊です。

 

ところで読者の皆さんにお尋ねしたいのですが、ノリと聞いてどんなノリを連想しますか?

チューブに入った、白っぽいノリを思い浮かべるかもしれません。

あるいはキャップを開けると網のようなスポンジのようなものがあって、そこからジェル状のノリを出すようなものを思い浮かべるかもしれません。

ひょっとすると、口紅やリップスティックのように、本体をひねると出てくるようなノリを思い浮かべるかもしれません。

 

これらのノリは、海外でもさほど珍しくはありません。

ただ、外国人が驚いてお土産に買って帰るのは「テープのり」です。

テープのりは、修正テープと同じ格好をしています。修正テープのように紙の上で引っ張ると、引っ張ったところにノリがつきます。

こういう便利な商品が海外にはないこともあり外国人は驚くのですが、さらに外国人が驚くのは、ノリが付いている部分だけ青くなっていることです。

 

もちろん、ノリが付いている部分だけ青くなる商品は、このテープのりに限らず、一部のリップスティック型のノリにも「乾くと透明になる青いノリ」が売られています。

ただ、日本ではそれほど珍しくない青いノリも、海外ではまだまだレアなのでしょう。

筆者の家にホームステイした子も、たまたま筆者がテープのりを使う瞬間を目撃した留学生が驚いていました。それと同時に「欲しい!」と。

 

日本ホストファミリー養成協会では、ホームステイを受け入れ始めたい方や、ホームステイを受け入れている方に、不安を解消し、より快適に楽しく受け入れのためのノウハウを提供しております。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください