独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載55回目】

◆今までの「あらすじ」

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れる。

筆者は、大家さんがAirBnbに反対しているマンション暮らしということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れたのに引き続き、スイス人のNathanael(ナサナエル)とオランダ人のNeils(ニルス)という2人の男性を同時に受け入れ、さらに今度はMiisa(ミイサ)というフィンランド人女性を受け入れる。

脚が悪くびっこを引いているMiisaを連れて京都に旅行したのだが…

 

◆京都で友達に会う

私は何人か友達が京都に住んでいます。その中でも今回は特に、南知子さんにお世話になりました。

あえてフルネームで南さんのことを書いたのは、彼女は2017年11月にポーランドに招かれて書道の展示会とワークショップを行うほど、実にすごい書道家だからです。

ちなみに彼女が7歳の時から習っていた書道の先生は、これまた素晴らしい書道家で、「下鴨神社」のロゴを書いた方とのこと。

 

ともかく、私はMiisa(ミイサ)と一緒に南さんに会いました。

とても急なお願いなのですが、南さんのところで、ちょっとした書道体験をさせてもらうことにしていました。

 

◆書道の前に下鴨神社

ちょうど南さんの自宅が下鴨神社に近いこともあり、私達は下鴨神社に行ってから書道体験をすることにしました。

 

私にとって下鴨神社に来るのは実は初めてでした。参道がこんもりとした森という感じで気持ちが良いです。

ただ…下鴨神社そのものは微妙でした。

英語の説明がないので、南さんと私がMiisaに説明する必要がありました。下鴨神社は世界遺産だそうです。

 

下鴨神社の中に、日本舞踊の舞台がありました。

「これは踊るためのステージ」と南さんが説明しました。それから私が「こんな感じの踊り」と言って扇をかざしてすり足で動く真似をしました。

それを見てMiisaは笑っていましたが…「伝わらなかったな」と私は思いました。

日本の古典的な芸能を知らないと、私がふざけているだけにしか、見えないでしょうね…。

 

◆書道体験

下鴨神社を巡った後、「さるもち」を食べてから書道家・南さんの自宅に伺いました

さすが南さん、玄関を開けてすぐに沢山の作品がお出迎えしてくれました。

ちなみに南さんのご自宅は一戸建てです。賃貸マンションの我が家とは違い、いかにも日本的な一戸建てにお邪魔できたことは、ちょっと良い体験だったのではないでしょうか。

…と言っても当の本人は全くわかっていなさそうですが。

 

ともかく、書道体験。

私にとって書道は、中学1年の授業でやったっきり、実に20年以上のブランクがありました。それでも覚えているものですね。そう悪くはない字が書けました。

Miisaは漢数字の「一」から始め、いくつかの漢数字を練習した後、南さんの手ほどきで「一心」という作品を作りました。きちんと色紙に「一心」と書いた後、その左に「美偉沙」と書き添えました。

この色紙はお土産として持ち帰りました。さすが南さんです。

 

◆日本人にもプラス

ところで南さんの家に伺う際、私が気になったことがありました。

それは交差点の呼び名です。(知っている人にとっては当たり前の話かもしれませんが…)

 

既に書いた通り、私はしょっちゅう京都に来ていました。

ただ、行く場所はいつも決まっていたので「地下鉄に乗って会議場」ですとか「バスで百万遍」ですとか、「四条まで歩く」だけで着くような場所でした。

なので、それほど交差点の呼び名を使うことがなかったので、今まで気づかなかったのですが…

 

四条大宮は「四条」が前に来ますが、この「四条」が常に前に来るとは限らないのです。

それを不思議に思って南さんに尋ねたら「四条通りと大宮通りだと四条の方が大きいから四条大宮」とのこと。さすが地元の人は詳しいです。

ホームステイを受け入れていなかったら、おそらく私は京都に行かなかったでしょうし、こうして京都に少し詳しくなることもなかったでしょう。

 

日本ホストファミリー養成協会では、ホストファミリーの皆様が安全・安心してホームステイを受け入れられるように、ホストファミリーのための情報を提供しています。

ホストファミリーに興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

 ▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください