Airbnbを利用されている方に重要なご案内、違約金が発生する可能性も!?

6月15日は登録番号が必要

Airbnbで受け入れされている方へ重要なご案内です。

民泊新法(住宅宿泊事業法)がスタートする「6月15日以降」は、Airbnbに届け出の登録番号を入力する必要が出てきます。

そのため、6月15日までに届け出を完了し登録番号が入力されていない方は、リスティングが非公開となり、6月15日以降の受け入れが「自動的にキャンセル」となります。

自動的にキャンセルとなると、「ペナルティーとして違約金が課せられる」こともあります。

そのため、Airbnbで受け入れされている方は、6月15日以降の受け入れをしないようにご注意ください。

住宅宿泊事業(民泊)の届出

住宅宿泊事業(民泊)の届出をして届出番号を取得してください

既に多くの方がご存知のように、住宅宿泊事業法が2018年6月15日から施行されます。ホストは、日本でのリスティングを継続するために、住宅宿泊事業者の届出を行い、届出番号を取得することが必要です。

観光庁が提供する「民泊制度ポータルサイト」に詳しい情報が記載されています。その他の関連する情報を下記に記載しております。

民泊制度ポータルサイト(日本語版)へ

民泊制度ポータルサイト(英語ページは3月下旬公開予定)へ

リスティングページの更新が必要です

住宅宿泊事業の届出を完了した後、2018年6月14日までに届出番号をリスティングページに記入することが必要になります(*)。2018年6月15日以降は、届出番号等の記載のないリスティングは、手続きが完了するまでの間、非掲載となります。

(*) ユーザーアカウントにログインの上、記入手続を完了ください。なお、第三者の運営する管理ツール等をご利用の場合も同様に直接アカウントにログインして記入手続を完了させる必要があります。

旅館業の許可等をお持ちの場合

旅館業法の営業許可、国家戦略特別区域法の認可やその他の許認可等(*)によりホストをしている方は、届出番号に代えて、許認可等の詳細についてご記入いただくことができます。

(*) 旅館業法の「旅館業」に該当しない正当な法的な理由を記入が求められます。なお、旅館業とアパート等の貸室業(賃貸借契約)との区分の考え方については、従来より厚生労働省から示されております。

Airbnbの案内より)

マンションで、Airbnbで受け入れはほぼ不可能に

そして、Airbnbに届け出が必要となると同時に、 管理規約で禁止されているマンションでのAirbnbでの受け入れについては、今後はほぼ不可能となります。

【質問】

「マンション規約で禁止されてしまったのですが、Airbnbは難しいでしょうか?」

3DKのマンションに一人暮らしです。民泊ホームステイを短期で受け入れたかったのですが、民泊禁止規約ができてしまいました。

私としては、国際交流が目的です。しかし、私は1人暮らしで日中は働いてます。学校登録は学生のため長期滞在が多く、普通はファミリーを希望され、私のようなシングルは食事提供もできないので正規ホームステイ先として需要がありません。

それでも、ショートホームステイで、気軽に外国人のおもてなしをしたいので、、Airbnbを利用してゲストを迎えたいのですが、管理規約で禁止されている以上は、やはり無理でしょうか?

そのような事例のブログも拝見しましたが、管理組合がホームステイとしても民泊を容認してくれるのは、難しいと思われます。何かいいお考えがありますか?

 

こちらの質問は、とても重要だと考えまして、先日(4月10日)に、当協会メルマガにて、回答しました。

回答は、バックナンバーにてお読みいただけます。

 

読者からも続々とメッセージ

とはいえ、たとえAirbnbであっても、「ホームステイ」であり、世間で認識されているいわゆる「民泊」ではないと当協会では考えています。民泊とは目的も主旨もまったく違いますよね。

むしろ、島国日本において、日本にいながら手軽に国際交流できる、とても重要な活動であり、民泊や旅館業法の規定などで規制されるべきものではないと考えています。

そのため、当協会では、「ホームステイ型と家主非居住型とは分けて考えてほしい」「ホームステイ型
には規制はしないで欲しい」という主張を、国や行政に向かって主張し続けています。

すると、何名かの読者の方より、メッセージを頂いておりますので、シェアさせていただきます。

中には、「国際詐欺集団に引っかかりそうに」などと、驚くメッセージもありましたが、「海外の生の情報を聞ける」など、どちらも「うんうん、本当にそうだな」というメッセージでした。

【新宿区在住の女性の方】

日本ホストファミリー養成協会事務局様

お世話様になっております。

住宅宿泊事業関連条例に関する意見・要望書を拝見しました。まさしく仰せの通りであります。家主居住型と家主非居住型を分けていない現実は問題を起こしていない同居型にとって大変不利な状況にあります。

私は20年に亘海外の高校生大学生を全く無償で夏休み冬休み春休みを預かっておりましたが今度のルールによりますと食事代は一食¥500.-以内、部屋代を受け取ってなならないと規定されております。

人を預かる時部屋の内装、トイレ風呂場の改装、に費用が掛かります。体験ホストとして預かった経験からおしゃる通りAirbnbを通しますと人物の選択が出来ます。

子供たちと違い大人のゲストは話題が違ってきます。世界の経済、文化、歴史、今動いているトレンドについて意見の交換ができ居ながらにしてテレビ、新聞、雑誌とは違った情報が取れます。私たちの希望しているのはこのような現実皆が考えていること、政治家とのやり取りではない、生活している普通の人たちとの交流です。

目的・効果は
1.日本政府が推進する観光立国政策の一端を担う事
2.国内外からの観光客の来訪及び滞在の促進、国民経済の発展
3.訪日外国人旅行者数 836万人(2012年)から4000万人(2020年)
4.訪日外国人旅行者消費額1.1兆円(2012年)から8兆円(2020年)

先程の続きですが私の住んでいるマンションで会合を開きましたが皆さん反対です。過去の実績を話しても悪いニュースが先行し到底賛同はいただけません。ホームーステイはみんなの賛成がないと出来なくなりました。Airbnbのリステングも出来なくなりました。

海外からのゲストをホストする楽しみがなくなり元気がありません。収入の問題ではなく大人の交流には国内では到底得られない魅力があります。どうか在宅型ホームスティが一般に理解してもらえるようにしたいものです。

 

【世田谷区在住の女性】

正に私です、aibnbでのリスティングを止め、それでもとカウチサーフィンへ登録していました。ここは無料、又は双方で何か提供のお礼と。

 しかし回避しましたが、国際詐欺集団に捕まり数日メールやり取りしてしまいました。aibnbにはこういう人達は居ません、パスポートからクレジットカード登録した人のみなので。

 今後、aibnbダメなら無料でいいからと入ると、そこはお金要らないからどーぞのある意味富裕層が募集しているのでは?と狙われる可能性は大きいです。aibnbの騒音、ゴミなどホームステイには勿論無いですが、そんなちっぽけな事より、国際詐欺集団に騙されてしまう人が続出する危険性はあります。

 その為にも、食事提供まで出来ない、でもホームステイでやりたい、という人のaibnbは認めるべきだと思いました。

 又今日、新宿区でホームステイやりたいと助言求められて出向きましたが、おもてなしするにはかなりの物処分必要やリフォームの必要も感じた家、更に迷路のような住宅街でした。マンションはもう少し分かりやすい所にあるものですが、戸建てまでゲストは毎日帰宅可能なのか?

 更にいくら独立したとはいえ子供が巣立っても、彼等は小さい賃貸マンションがせいぜい、荷物はほぼ実家に置いて来ます。そんな所へ、ここぞ届出許可物件だ、と堂々と招き入れてゲストは幸せでしょうか?

 迷子になったゲストは民家をガンガン歩き回るでしょう。利益を得られるからこそ今までかなり防いで居た問題は、反対に増すこの法律、どう考えても上手くいかないのでは?と思いました。

 更に、しっかり代金をいただくなら事前のメールやり取りも深夜関わらずやりますが、土日のみのゲストへいくら補助ホストでもやりたくありません、必然手抜きに成らざる得ない。戸建てだから認めるなど、そんな安易な法律で素人参入だらけになったらどうなるのか?

 もっと訴えていきたい事だと思います、応援してます、シェアしました。

 

これからも、当協会では、ホストファミリー文化を日本に広めるために活動していきたいと思いますので、もし応援いただける方は記事やレポートをシェアをいただけると嬉しく思います。

▼PDFでダウンロード