ホストファミリーも観光大使?観光庁ロゴを取得しました。

観光庁が展開するロゴマークを取得しました

 “Japan. Endless Discovery.”というキャッチフレーズや、桜の花びらや日の丸を彷彿とさせるロゴ。みなさんもどこかでご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 実はこれらは、観光庁が訪日観光PRの場で使用しているロゴマークなのです。

 当協会でも積極的に本ロゴマークを使用するべく、この度、使用許可を取得しましたことをお知らせいたします。

      
 
 

取得した理由とは?

 なぜ今回の取得に至ったか?その理由は3つあります。

 一つ目は、当協会も日本政府と一緒になって訪日観光を盛り上げていきたい、という思い。

 二つ目は、日本の素晴らしさを世界にどんどんPRしていきたい、という思い。

 三つ目は、本ロゴを使用することにより、訪日外国人や協賛企業に当協会へ安心感をもってもらうため。

 

このロゴマークに込められた思いとは?

 そもそも、このロゴマークにはどういった思いが込められ、どのように使用されているのでしょうか?

 このロゴマークの使用は2010年4月より始まり、観光庁が、訪日観光を海外市場でPRする際など、あらゆる訪日観光プロモーションで使用されています。
 “Japan. Endless Discovery.”というキャッチフレーズ・ロゴは、「尽きることのない感動に出会える国、日本」という意味合いで、海外の方々に何度も日本にお越し頂き、その都度、桜に代表される我が国の豊かな自然、あるいは歴史、伝統文化や現代の文化、食、地域の人々の暮らしといった日本の多種多様な観光資源を是非深く知って頂きたいという気持ちを込めています。

 このロゴマークは、日本観光の良さを訴えるシンボルとして効果的に活用されているようです。

 

ホームステイ受け入れとの接点とは。

 ホストファミリーのホームステイ受け入れと、訪日外国人観光客の受け入れ。一見何の接点もないように感じられますが、実は大きなつながりがあります。

 ホームステイを受け入れたことがある方はイメージしやすいかと思いますが、ホームステイ利用者を受け入れると、家の周辺だけでなく、観光地を案内したり、食文化から始まる日本の様々な文化を紹介する場面に必然的に出くわします。

 実は、ホームステイを受け入れるということは、訪日外国人観光客を受け入れることと同様に、日本の観光大使の一人になるということなのです。

 そのため、当協会としては、日本の観光大使の一員として訪日観光を一緒に盛り上げていく所存です。

 ホストファミリーとして、こういった活動を一緒に盛り上げてくださる方も引き続き募集しています。

▼ホストファミリー登録はこちら