ゲストは可愛い女性教師(2)

あらすじ

我が家に1週間だけ、ドイツ人女性がホームステイしにきました。

彼女はドイツ国籍なのですが、今はギリシャで小学校の先生をしています。

日本に来ることを夢見て、2年間お金を貯めてお金を貯めて日本に来た彼女は、美人で可愛くて、笑顔が何よりも素敵で、話す英語からは知性と教育の良さを感じる女性でした。

彼女が持ってきてくれたお土産は思いやり溢れ、とても感動したのです。

※前回の記事「ゲストは可愛い女性教師(1)」

良き教師は良き生徒

誰が言った言葉かは分かりませんが、次のような言葉あります。素晴らしい言葉だと思います。

「良き教師は良き生徒である」

A good teacher is a good student.)

彼女はまさに素晴らしい先生であり生徒です。

まるで生徒であるかのように、お箸の使い方や日本語について学び、常に積極的に日本語を話す努力をしていました。

息子たちもすぐに打ち解けて、彼女にお箸の使い方を教えます。

小学生の長男の顔はどこか得意気です(笑)

 

 

  

教えることは学ぶこと

一方で、こんな素晴らしい言葉もあります。

「教えることは学ぶことである」

(To teach is to learn.

ラテン語では、「Dum docent discunt.(人は教える間、学んでいる)」と表現するそうです。

子供たちは、お箸の使い方が決して上手い方ではありません。

特に4歳の次男はお箸の持ち方がまだぎこちなく、少々変な癖がありました。

それがみるみるうちに改善。彼女に教えながら、息子たち自身がお話の正しい持ち方を学んでいるかのようでした。

さらに、テーブルマナーについても、いつも食事中に机に肘を付いたり、椅子の上に足を乗せたり、立ち歩いたりしていて困っていたのですが、「食べているときにやっちゃいけないんだよねぇ」などと彼女に言いながら、自分たちが注意をしていました。

これには本当に驚きました。

彼女に教えながら、息子たち自身がいろいろなことを学んでいたのです。

自分の心が、環境を変える!

彼女と接していたもう1つ感じたことがありました。

それは「自分の心が、環境を変える」ということです。

どういうことかというと、以前の私は「周りの環境が、自分の心を決めている」と考えていました。

たとえば、「雨が降っているからモチベーションが上がらないな・・・」とか、「チームのメンバーがつまらなそうにしているから、私もつまんないな・・・」などです。

ですから、以前の私は、「環境が変われば、自分も変わるのにな」と思っていたのです。

ところが、年を取り、いろいろなことを経験していくにつれて、実際はそうではないんだということに気づくようになりました。

現実は、まったく逆だったのです。「自分の心が、環境を変える」だったのです。

彼女を見ていて本当に痛感しました。

彼女はいつも「すごい!」「面白い!」「勉強になる!」と、なんでも興味を持ち、いつも笑顔でパワフルでした。常に自分にとって「良いこと」だと考えていました。

彼女と会話していると、こちらまで楽しくなり、元気になっていきます。

息子たちも彼女の影響を大いに受けて、普段やらない宿題を自主的にやったり、英語で話そうとしていました。

そう、彼女が我が家の環境を変えていってくれたのです。

そして、そんな彼女を息子の授業参観に連れて行ったのですが・・・

(次回に続きます)

ホストファミリーを始めてみませんか?

当協会ではホストファミリー募集のご案内をし、ホストファミリーに興味のある方やホストファミリー同士で情報交換する場なども提供しております。

また、当協会では、他の国際交流団体と違って、Airbnbなどのサイトからのホストファミリー募集などについてもご紹介しています。(Airbnbは誤解をされているとこもありますが、ホームステイを受け入れする便利なツールの1つです。)

もしご興味がございましたら、まずは当協会のメルマガにご登録ください。

ホストファミリーに興味のある方に役立つ情報やホストファミリー募集についてご案内などもしております。必要なくなった場合はすぐに解除することもできます。

▼日本ホストファミリー養成協会メルマガはこちら