よくある不安「部屋を汚されたらどうしよう?」

世界中の人が、日本のマナーを称賛

ホームステイ受け入れの不安の1つに、「部屋を汚されたらどうしよう・・・?」と心配されている方もいるのではないのでしょうか?

サッカーのロシアW杯では、日本チームの健闘を称えるとともに、ロッカールームはきれいに掃除され、美しい状態に保たれていることが世界中から称賛されているといいます。

また、サッカー観戦をしたサポーターも、試合終了後にゴミ拾いをするなど、その活動が称賛されています。

日本代表のロッカールーム、試合後いつもきれいなワケ

 史上初のW杯8強に届かなかった日本代表は、爽やかな余韻を残してロシアの地を去った。決勝トーナメント1回戦でベルギーに惜敗した後、ロッカールームが試合前のようにきれいに掃除され、「スパシーバ(ありがとう)」とロシア語で書かれたメモが残されていたことで、日本には称賛の声が贈られた。

201877日 朝日新聞記事より)

それでは、日本にホームステイしにきた外国人はどうなのでしょうか?

日本人だけの習慣なのでしょうか?

部屋を汚しっぱなしで帰ってしまうのでしょうか?

 

見事に片付けられた驚きの部屋

「立つ鳥跡を濁さず」

という日本のことわざがありますが、ピッタリの表現は英語にはありません。

これは日本の素晴らしい文化の1つであり、日本のマナーの良さは、ホームステイ業界でもたびたび耳にします。

日本人が海外留学をした時に、部屋をとても綺麗にしてから帰国してくれると、世界中のホストファミリーが称賛しています。

同じ日本人として誇りに思います。

一方で、我が家に滞在した外国人は、ほぼ100%綺麗にして、元あったようにして帰ってくれます。

布団は綺麗に整えられ、掃除機がけだけでなく、雑巾がけまでしてくれるゲストまでいます。

これは我が家のゲストが特別だったのではなく、当協会の受講生ホストファミリーも、みな同じようなことを言っています。

先日滞在してくれていた女性は、特に素晴らしい部屋でした。

きっちりと分別されたゴミと、温かいメッセージ。

見てください、きちんと分別されたゴミを!

綺麗にしたい気持ちは世界中の人も同じ

このように、日本の家にホームステイをしようと考える外国人の多くは、日本の文化や日本の習慣に興味があって、日本を訪れます。

日本を訪れた観光客の一部のマナーが問題視されていますが、多くの外国人は「日本の綺麗さ」に驚き、そして綺麗にしようと考えてくれるのです。

自分たちの国の道路などの公共の場の汚さに嘆き、「日本のように綺麗になったらいいのに」と言ってくださるのです。

また、もし汚してしまうような外国人がいたとしても、「ゴミの分別が分からない」「どこに捨てて良いのか分からない」など、分からないだけだったりするのです。

ですので、もしホームステイ受け入れで「部屋を汚されるのでは・・・」と心配される方は、安心して受け入れをして欲しいなと感じている次第です。

ホストファミリーを始めてみませんか?

当協会ではホストファミリー募集のご案内をし、ホストファミリーに興味のある方やホストファミリー同士で情報交換する場なども提供しております。

また、当協会では、他の国際交流団体と違って、Airbnbなどのサイトからのホストファミリー募集などについてもご紹介しています。(Airbnbは誤解をされているとこもありますが、ホームステイを受け入れする便利なツールの1つです。)

もしご興味がございましたら、まずは当協会のメルマガにご登録ください。

ホストファミリーに興味のある方に役立つ情報やホストファミリー募集についてご案内などもしております。必要なくなった場合はすぐに解除することもできます。

▼日本ホストファミリー養成協会メルマガはこちら