【すごいことに!?】英語の先生がホームステイを受け入れたら・・・

4年間英会話教室に通った息子は、英語は上達しているのか?

私には二人の息子がいます。長男は今小学3年生なのですが、保育園の年長の時から、週1回1時間大手の英会話スクールに通わせています。通い始めて4年の月日が経ちました。保育園からのお友達5人と一緒に、とても楽しく英語を学習しているようです。

夫婦共働きですので、放課後の学童代わりとしては、英語に触れる機会ですし、とても良いなと考えています。先生は日本人ですが、英語のみで話しますので、ヒアリング力は向上しているようです。しかし、英会話力の向上という点ではどうでしょうか?

授業の様子を見させてもらうと、英語を話しているのは主に先生だけ。先生からの問いかけに対しては、単語やワンフレーズを答えるのみ。会話はありません。さらには、子どもたち同士は日本語で会話。ひどい時はふざけたりして先生を困らせたりもしています。

残念ながら、毎月高いお金を払って「英会話力を向上する」という目的の達成度は、20%程度ではないでしょうか。もちろん我が息子と違って優秀な子の中には、そのような環境でも英会話力が向上していると思います。同じカリキュラムでも優秀な先生の指導により成果を出しているところもあるかもしれません。

習得は2つの要素の掛け合わせ「習得 = ◯◯ × ◯◯」

とはいえ、私は英会話スクールを否定したいわけでも、批判したいわけでもありません。宿題をやろうとしない息子を丁寧に指導してくださる先生には感むしろ感謝しているぐらいです。

そうではなくて、子どもたちが英会話を実践する機会さえあれば、もっともっと息子たちのモチベーションが上がり、学んだことを実践し、英会話力が向上するのではないかなと感じたのです。

たとえば、息子に鉄棒の逆上がりができるようになる時もそうでした。いくら口だけで「こうやってやるんだよ」と説明しても、頭では理解していも、体の使い方が慣れていないので、逆上がりができません。正しい逆上がりのやり方の動画を見せて、口で説明して、そして何回もやってみることでできるようになったのです。

英会話も逆上がりも、習得するには、頭での「理解」と体による「実践」2つの要素の掛け合わせなんだということを知ったのです。英会話は、何度も何度も会話することで上達するんだなとあらためて感じたのです。

学習すればするほど、英語への恐怖が増えていませんか?

ところが、日本の英語学習はどうでしょうか?日本の英語学習は、勉強すれば勉強するほど、会話するのを恐怖にさせていってはいないでしょうか?

正しい英語の文法や単語を覚えることは、逆に、それ以外の表現は間違いだと学ぶことになります。正しい英語を勉強するほど、間違った英語を勉強することでもあります。すると、「正しい英語を話さないといけない。間違った英語は話してはいけない」と、ますます失敗を恐れるようになってしまいます。

「動詞にSを付けないといけないんだっけ?」「過去形で言わないといけないんだっけ?」「この場合はaだっけ?theだっけ?」「正しい発音はなんだっけ?」「前置詞はforとtoのどっちが正しいだっけ?」・・・

こんなことを考えていたら、とても会話なんてできません。細かい部分が気になって話せなくなってしまうのです。会話ですから、多少間違っていても、十分意味が通じるというのに。。。会話することを教えないと、英語への恐怖心を増やすことばかりやっているのではないかと感じるのです。

 

子どもたちをダメにする言葉

これは英語に限った話しではありません。私は小学生高学年の子たちにフロアボールというスポーツを指導していたことがあるのですが、子どもたちをダメにする言葉がありました。

それは、「あの場面ではパスするのが正解だよ。」「絶対にミスするなよ。」といった言葉です。こういった声がけをすると、子どもたちはどんどん失敗を恐れて、やがて動かなくなります。楽しそうに輝いていた目は、つまらなそうな死んだ目に変わっていってしまいます。

他チームとの練習試合で、他チームの指導者の声がけを観察していてとても勉強させられました。強いチーム、子どもたちが伸び伸びプレーしているチームというのは、指導者の声がけがみな前向きなのです。「失敗してもいいからやってみろ!」「よく挑戦した!」と。

正しいことを教えるのではなくて、失敗してもいいから、間違っててもいいから「まずはやってみることを教える」ことなんだと学んだのです。英会話も同じなんだと思っているのです。

英会話スクールにあと1つ加われば!

息子が通っている英会話スクールの先生は、とても素晴らしい方です。子どもたちを積極的に褒めたり、励ましたりしてくれます。ですから子どもたちはイキイキしています。しかし、あと1つ足りないのです。子どもたちたが英会話力が向上するにはあと1つなのです。

そうです。褒められたり、励まされても、「やってみる場が無い」のです。英会話を実践する場が無いのです。英語で会話をする機会や環境がないのです。

ですから、家に帰ると英会話をやってみる環境を作るのことのできるホームステイ受け入れは、子どもたちの英会話力の向上にとても役立つと感じているのです。子どもたちだけではありません。大人の私達も必死で会話することで、最初は冷や汗をかきながら上達していくのだと思うのです。

 

先生がホームステイを受け入れたらすごいことに・・・!?

また、英会話スクールにも外国人がいて、英会話を”やってみる環境”があったらいいですよね。とはいえ、ネイティブの外国人を雇うとなるとお給料も高いですので、小さな英会話教室にはとてもできるものではありません。就労となるといろいろとやっかいな問題も発生します。

そこで、たとえば、先生の自宅でホームステイを受け入れして、ホームステイしている外国人にちょっとだけ手伝ってもらうのはどうでしょうか。また、先生の自宅に通って学習するホームティーチャーのような場合でも有効かもしれません。家に外国人がいるのですから。

先日メルマガでもお話ししましたが、我が家にも外国人がホームステイしていますので、妻の発案で、せっかく外国人がいるんだからと、子供も大人も英語と異文化に触れて楽しめるクリスマスイベントを企画しています。

イベントでは、英語環境の中で、ジンジャークッキーを作ったり、イタリアやアメリカのクリスマスと日本のクリスマスの違いを知ることができたり、ゲームをしたり歌ったりする予定です。身近な人から声をかけたところ、予定していた枠をオーバーして、あっという間に満席になってしまいました。

英語の先生でもなんでもない私たちが企画したイベントで、これだけの人たちが参加するのですから、きっと普段から英語を教えている先生が企画したら、もっとすごいことになると思います。ぜひ先生こそホームステイを受け入れてみるのはどうでしょうか?

当協会では、ホームステイの受け入れを支援&サポートしています。関心のある方がいらっしゃいましたら下記問い合わせフォームよりお問い合わせ、お声がけ頂ければと思います。

▼チラシはこちらからダウンロードできます。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


 内容をご確認の上チェックを入れてください

=== お知らせ①  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

お茶会の日程はこちら