【連載第1回】子育てママのホストマザー体験記

みなさん、初めまして。ホストマザーの くろこ けいこ です。

わたしは、東京都府中市でホストファミリーをしています。今日から、わが家のホストファミリー体験をブログにすることになりました。どうぞどうぞよろしくお願いします。

ホストファミリーに興味がある人はもちろん、ホストファミリーっていったいなあに?という人も、ぜひブログを読んでホストファミリーの楽しさを感じてもらえたらうれしいです。

 

ホストファミリーを始めた理由

わが家には、これまでにブラジルやイタリア、カザフスタンや台湾など世界中からたくさんの留学生がやってきました。

自宅がすごく広いわけでもなければ、家族が英語ぺらぺらというわけでもない。(というよりほぼ話せない・・・。)しかも、まだ小さな子どものいる私が、どうしてホストファミリーを始めることにしたのか?

また、家事育児に加えて、留学生の相手までどうやって一人でこなしているのか、みなさん興味はありませんか?

実は、ホストファミリーをすると子どもの英語教育にいい影響があるとか、家族の仲が良くなるとか、世界が広がるとか、いろいろな良い面がありますが、私にとってやっぱり一番楽しいのは、海外旅行に行かなくても世界中の人に会って交流できるということなんです。

なにしろ、私がホストファミリーをすることに決めた一番の理由は、まず最初に自分が楽しみたい、ワクワクしたいからなんです!

「え、なにそれ?どういうこと?と思いましたか?」思いますよね。

あちこち海外に行きたいけど・・・

私は子どものころから「世界ふしぎ発見!」が大好きで、子どもが生まれるまではノルウェーやベルギー、タイや中国などあちこちへ旅行していました。もちろん、今でも世界中を自由に旅してみたいけれど、小さな子どもがいると何かと制約が多いし、疲れるし、大変!

それなら逆に世界中の人にわが家に来てもらったらいいんじゃない?という逆転の発想で、ホストファミリーを始めることにしたんです。うむ、われながらすばらしい発想(笑)。

世界には、まだ見たことも体験したこともないすばらしいものがたくさんあって、私もいずれはそこへ行ってみたい!(今はムリでも!)一方で世界の人にとっては、わが家は見たことも体験したこともないことがたくさんあるわけで、この際わが家が世界の中心、旅の目的地になっちゃえばいいじゃない!ということでホストファミリーを始めました。

もちろん、自分の希望を満たすためだけではなくて、わが家にやってきたお客さまに対しては、ここでの滞在が一生忘れられないステキな思い出になるようにと考えて、おもてなしをしています。

それはたとえば、浅草や神楽坂に一緒に観光に行くことだったり、自宅のキッチンで世界の料理を作ることだったり、近所の川原をのんびり散歩することだったり、日本語の宿題を手伝ってあげることだったりします。
世界中で、今ここでしかできない体験を、一緒にできたらいいなと思っています。

そんなわけで、私がホストファミリーをする理由は、もしかしたら(たぶん)ほかのホストファミリーとは少し視点がずれているかもしれません。え、そんなことまでやってあげるの?と主人に驚かれることもあります。割に合わないんじゃないの?と言われることもあります。(確かにときどき割に合わないけど・・・。)

だけど、私にとって留学生は、遠い国からやってきて、わが家に新しい風やワクワク感を運んでくれる特別な存在なんです。(出逢いは、本当に奇跡のようだといつも感じます。)

だからこそ、やってあげたいと思ったらやってあげる。もちろん、自己犠牲はよくないし続かないので、そうはならないように気を付けてもいますが。

子供への影響

それに子どもにとってもなかなかいい影響があるようです。子どもの英語教育のためにホストファミリーを始める方もいるくらいですしね。やっぱり自宅で、英語をはじめとして外国語が飛び交うなんて、ふつうはなかなかないことですから。

私は、ホストファミリーをして子どもに英語が話せるようになってほしいとまでは思っていません。必要になれば、自分で勉強して身に着けると思っています(笑)

ただ、世界は広くていろいろな人がいる、という感覚は小さいうちから知っておいてほしいと思っています。日本は島国で周りを見ても日本人ばかりだし、小さいうちから海外へでかけることはあまりないので、そのまま大人になってしまうと井の中の蛙になってしまうと思うから、それはちょっと困るかなと思ってます。

それ以前に、娘は一人っ子なので、いろいろな人に囲まれてコミュニケーション力を鍛える機会を作ってあげたいなと思っていました。だから、ホストファミリーをして、自宅にいろいろな人が来てくれるのはとてもありがたいのです♡

 

ファーストコンタクト

さて、わが家ではおもに日本語学校に通う学生をお客さまとして受け入れています。受け入れが決まると、まずは相手の学生にこんな感じのメールを送ります。

「あなたを歓迎するよ!」

「一緒にたくさんの思い出を作りたいよ!」

そんな気持ちが伝わるように伝えます。

Google翻訳頼みのつたない英語ですが、気持ちはきっと伝わると信じてます(笑)

初めまして、Alice

私はくろこけいこです。あなたが、わが家にホームステイすることに決まってうれしいです。私たちは三人家族で、夫と娘がいます。あなたは日本に来るのは初めてですか?日本語は少し話せますか?

私たちはそれほど英語が得意ではないけれど、あなたとたくさんおしゃべりしたり、一緒に出かけたり
家で料理を作ったりして、楽しみたいです。忘れられない思い出をたくさん作りましょうね。

さて、家族のことを紹介します。

‐おとうさん‐

おいしいものに目がなくて、特に甘いものが大好き♡ケーキバイキングでは30個以上食べたことがある強者!それなのになぜか身体はほっそり。アメリカにはどんなお菓子があるのか教えてね。

‐おかあさん‐

趣味は読書、料理やおやつ作り、ハンドメイド。手先が器用で、料理やソーイング、アクセサリーなど何かを作ることが大好き。子どもの服を作ったり、お菓子を焼いたり、味噌まで作るこだわり派♪得意のプリンは誰もが絶賛するおいしさ。ぜひ食べに来てね。

アメリカではどんな料理が有名ですか?料理を作るのは好きですか?一緒に作れたらうれしいな!

‐むすめ‐

幼稚園に通う元気いっぱいの女の子。ペンギンとお絵かきとおかあさんが大好き!

そうそう!私たちは旅行が好きで、昨年台湾に行きました。とっても楽しかった。アメリカはまだ行ったことがないけれど、いつか行ってみたいです♪

わからないことがあれば、何でも聞いてくださいね。よろしくお願いします。

けいこ

おっかなびっくりで始めたホストファミリー

いつもこんな風にメールを送るところから、ホストファミリーの時間が始まります。

メールの返事を読みながら、どんな子が来るのか想像するのは最初の楽しい時間です。ちょっとしたメールのやりとりですが、パーソナリティはけっこうにじみ出てくるものですよ。

そして、最初はおっかなびっくりホストファミリーを始めた私たちも、おかげさまで今年でホストファミリー歴4年目に突入です。

次回からは、これまでにあったびっくりするようなことや笑えることなどを、お話ししていきますね。

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

お茶会の日程はこちら