ホストファミリーをして何が変わったのか?

栃木県野木町という場所で、ホームステイ受け入れをする鶴岡です。

私は育児と家事を夫婦で共に助け合い、お互い尊重し合える関係作りを目指しています。お片づけの悩み解決や保険のアドバイス、歌のお兄さん、そしてホストファミリーに挑戦しています。

(社)日本ホストファミリー養成協会の理念に共感し、一緒に活動しています。

 

ホストファミリーをして何が変わったのか?

外国人を自宅に受け入れて一緒に生活する、いわゆるホストファミリーとなって、我が家の生活は変わった。

一言で言うと「世界が近くなった」

田舎町に暮らしていて、日常の生活で外国人と出会うことは少なく、英語を使うこともほとんどない生活の中で、なぜホストファミリーという手段を取ったのか。

それは、子供達に「世界は広く、親の価値観だけでは伝えられない世界があること」を伝えたいから。

我が家には3人の男の子がいて、みんな外国人のゲストと話すことが大好きだ。話すというより、遊ぶのが大好きだ。

心を開けば不安もある。家を開放すれば、不安もある。いわゆるセキュリティの問題もその一つである。自分を守ることは大切なこと。

ホストファミリーに挑戦して私の価値観も大きく変わり始めた。それは、外国人と接する不安が少なくなっただけでなく、地元の世代を超えた繋がりを深めていける人間力を学んでいる。心を開くことの不安も少し和らいだ。

外国人がこの田舎町に、わざわざ足を運んでくれた有り難さを、自分だけに留めるのでなく、私の大好きな地元の人を紹介したり、大好きな場所に連れて行ったり、ホームパーティを開くことで、新たなご縁が広がる経験をしている。

その中で、子育て世代もいれば、経営者の方もおられるし、男性もいれば女性もいる。世代を越えた交流。

そして、互いに同じ時間の共有の中で「幸福感」を感じるコミュニケーションスキルを身につけることができる。

非日常を日常生活に。

新しい気づきを、あなたの自宅から。

新しい楽しさを、あなたの心の開放から。

来週はカンボジアから昨年我が家に受け入れたゲストが再度遊びに来る予定である。その時には、新しい友人も紹介して、益々ご縁が深まることに感謝している。今から、その「幸福感」を感じる瞬間に向けて、わくわくで心が弾む。

楽しいな、ホストファミリー✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA