【連載第10回】子育てママのホストマザー体験記「外国人はみな寿司が好き?浅草観光(後編)」

みなさん、こんにちは。ホストマザーのくろこけいこです。

イタリアからシーモが来てから初めての週末。せっかくの週末、シーモと浅草へ観光に行ってきました。お寿司屋さんに入ると・・・。

お寿司屋さんに避難

暑さで倒れそうな中(娘はすでに歩く気がなくずっとおんぶでしたが)、お昼を食べようとスカイツリーの近くへ移動しました。

ところが、お昼を食べようと思っていたお寿司屋さんに行くと、びっくりするくらいの行列ができていました。なにしろ安くておいしいと評判のお店だったので、みんな考えることは同じですね(笑)

店員さんに確認してみたら、なんと1時間半待ち!すでにおなかが空いているし、娘はぐったりしているので、違うお店を探すことにしました。さいわい、近くに別のお寿司屋さんを見つけました。

ちょっとお値段が高めだったせいか、空席もあるそうです。よかった~。

どれから食べる?

さて、ランチの握りを注文してしばらく待つと、きれいに盛り付けられたお寿司が登場しました。おなかペコペコな私たちはさっそく好きなネタから食べ始めます。

食べ方って人柄がでますよね?あなたは好きなものから食べますか?それとも、好きなものは最後に取っておきますか?

私はまずは好きなネタを食べて、最後にも好きなネタを取っておくタイプです(笑)

シーモは、お寿司が好きだと言っていたので、どんなネタでも食べられるのかと思っていていたら、やはり好き嫌いはあるようです。マグロやサーモン、エビあたりは食べやすいようですが、甘い玉子は苦手なようです。

わが家では手巻きずしパーティをするときに甘い玉子焼きを作るんですが、外国人はたいてい「あんまり・・・」と言って食べないことが多いです。母国で食べている食材が、まったく違う味付けで出てくると食べ慣れていなくて、苦手と感じることが多いようです。

それからイカも、噛み心地が苦手みたいでした。シーモは、こんにゃくゼリーも苦手だったし、どうやら噛み切れない感じが苦手なのかもしれません。私は大好きなんですけどねえ(笑)

さらに、甘いタレのついたアナゴもかなり難易度が高かったようです。最後の最後まで残して、一口食べても難しい顔をしていました(笑)

神様の言う通り?

私たちが、もうすっかり食べ終わってもシーモはまだまだゆっくり食べています。最後には、イカやアナゴなど、3つくらい苦手なネタが残りました。

どれを食べようか迷っているシーモ。指でネタを順番にたどりながら、何を最初に食べるか決めているみたいでした。よく子どもがやっている「かみさまのいうとおり」というのにとても似ていました。イタリアにもあるんですね~。

それにしても、決めたと思ったらまた迷ってを何度も繰り返しているシーモ。最初は、かわいらしいなあと思って見ていた私たちですが、いつまでたってもその繰り返し。ちょっぴりうんざりしてきました。

でも、イタリアでアナゴのお寿司なんて出てこないのかもしれないし、ここは思う存分JAPANを満喫してもらおうと、最後まで見守っていましたよ(笑)

外国人をお寿司屋さんに連れて行くときのポイント

外国人はお寿司が好きと聞いていましたが、どんなネタでも食べられるわけではないようですね。

お寿司屋さんに連れて行ってあげるときは、事前にどの程度食べられるのか確認してあげたほうがいいかもしれません。

それに、握りの盛り合わせだと苦手なネタもたくさん入っているかもしれません。好きなネタを自由に選べる回転ずしはいいかもしれませんね!今度は、回転ずしにしよう。お財布的にも(笑)

つづきます。

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

お茶会の日程はこちら