自宅マンション(賃貸 or 分譲)でホストファミリーを始めるには?

自宅マンションでホストファミリーを始めるには?

ご自宅で「ホームステイ受け入れを始めたい!」「マイホーム留学(自宅で英語環境)したい!」と興味を持つ方が増える一方で、法律や制度が気になる方も多いのではないでしょうか。

あなたの家が、「戸建て」であり、かつ「持ち家」であるなら、あまり問題は無いのです。あとは近隣との良好な関係を築きつつ、今すぐにでもホームステイの受け入れはできます。

また、「ホームステイ型民泊」と言われる、主にAirbnbなどのツールを利用した、1ヶ月未満の外国人旅行者を受け入れを始めることも、届け出を提出することで割と簡単に始めることができます。

しかし、マンションなどの集合住宅や賃貸マンションで、ホストファミリーを始めるとなるといろいろと懸念されることが出てきてしまいます。

集合マンションでホストファミリーを始めるには、どういうところに注意したら良いのでしょうか?

 

法律は曖昧・・・

法律の話は難しくて頭が痛くなりますが、ホストファミリーを始めるためには知っておいて損はありません。

よくホストファミリーに関連してくるのが「民泊」です。民泊に直接関連するのは、「旅館業法」であり、その中でも「簡易宿所」に関する記述です。

実はホストファミリーと民泊には、現時点でも法律上の明確な基準があるわけではありません。明確な定義があるわけでもありません。

そのため、誰も住んでいないマンションやアパートや一軒家で宿泊者を受け入れるのであれば、明らかに「民泊(旅館業)」に該当しますが、ご自身が住んでいる家に宿泊者を受け入れる場合は、「ホストファミリー」と「民泊」の違いはとても曖昧になってくるのです。

旅館業を管轄する厚生労働省の見解によると、以下のようにあります。分かりづらいですよね。。。

生活の本拠か否か?

【生活の本拠でないと考えられる例】 → 旅館業(民泊)、届出必要

• 使用期間が一ヶ月未満(ウイークリーマンション等)

• 使用期間が一ヶ月以上であっても、部屋の清掃や寝具類の提供等を施設提供者が行う場合(下宿など)

【生活の本拠と考えられる例】 → 旅館業法適用外、届出必要なし

• 使用期間が一ヶ月以上(マンション、アパート、マンスリーマンション、サービスアパートメント等)で、使用者自らの責任で部屋の清掃等を行う場合

(厚生労働省 民泊サービスと旅館業法に関するQ&Aより)

 

滞在が1ヶ月以上ならまず法律は問題なし

厚労省の見解によると「生活の本拠」とみなされるのが「1ヶ月以上」となっていますので、滞在期間が1ヶ月を超える場合は、旅館業法上はほぼ問題ないと言って良いでしょう。

また、大学や日本語学校等の学校からの外国人留学生や外国人インターンシップの受け入れについても、あなたの家から通学or通勤することになるわけですから「生活の本拠」とみなされる可能性が高いでしょう。

たとえ「1ヶ月未満」であってもです。サマースクールや企業研修の場合は短期の場合も多いですからね。

以上のことから、現時点での厚労省の見解では、「1ヶ月以上の滞在」か「留学生や外国人インターンシップ」の受け入れであれば、法律上はほぼ問題ないと考えられるのです。

そのため、ホームステイに特化したAirbnbのようなサイトが登場していますが、1ヶ月以上の滞在と規定しているケースがほとんどです。

 

集合マンションの場合は法律は問題なしでも・・・

しかし、法律は問題なしでも、集合マンションの場合は別の懸念があります。賃貸マンションと分譲マンションの場合とで異なりますので、それぞれ分けて考えていきます。

まず賃貸マンションの場合ですが、大家さんから借りて住んでいる以上、ホームステイの受け入れであっても大家さん(管理会社)の許可が必要になってきます。

住む時に交わした契約書(賃貸借契約書)には、同居する人の名前を全員分書いたと思いますが、新しい同居人が増えた場合は原則としては大家さん(管理会社)に報告しなければなりません。

笑い話として、最初は女性一人の入居だったはずなのに、退去する時に鍵を返してきたのが見ず知らずの男性だったということがあります。事情としては、女性が付き合っていた男性と一緒に住み始め、やがて喧嘩別れして女性の方が出ていってしまったケースです。(厳密にはこのケースも違反です)

ですから、大家さん(管理会社)の許可が必要なのです。

ただし、交渉してみる価値はあります。中には懐の広い大家さんもおり、「子供のためにホームステイを受け入れしたいと思っているのですが!?」ときちんと申告すれば、許可を出してくれることもあります。

 

分譲マンション場合は?

あなたの家が賃貸でなければ、大家さん(管理会社)の許可は必要なく安心ですね。法律的には、分譲(購入した)マンションであれば、自分の住んでいるところにホームステイを受け入れしても問題ないはずです。

しかし、まだ懸念があるのです。

単なるお金儲けで、近隣の迷惑を考えずに民泊を始めた人のせいで、マンションなどの管理組合が、民泊経営を禁止していることが増えました。マンション管理規約で禁止としているのです。

そのため、たとえホームステイの受け入れは法律上問題は無いはずなのですが、外国人が歩いていたり、スーツケースをガラガラするだけで、「民泊をやっているのではないか!?」と一方的に批難してくる人も増えてしまいました。悲しいですね。

集合マンションである以上、同居住民などから反対の声が大きくなってしまうと、いくら法律上問題なくてもローカルルールが適用され、規制されてしまうのが実情です。

それは、ピアノを弾いていて問題になったり、小型のペットを飼っていて問題になるケースに近いでしょう。

 

ルールよりもマナーが大事!カベを超えられる可能性はある。

上記のように、日本の集合マンションにおいて、悲しいことに、ホームステイ受け入れすることは難しい世相となっています。。。

しかし、外国人留学生を受け入れるようなホームステイは、昔からずっと存在し続けていますよね。集合マンションでは、近隣住民との良好な関係がとても重要になってくるのです。

一度整理します。

【住居タイプ別ホストファミリーの始めやすさ】

<ケース1> 持ち家の一軒家の場合:始めやすさ度90パーセント!

かなり自由にホストファミリーを始めることができます。住宅宿泊事業法(民泊新法)を届け出を行うことで、Airbnbなどを利用したホームステイ型民泊も可能です。あとは近隣への配慮だけ。

<ケース2> 賃貸の一軒家の場合:始めやすさ度70パーセント。

大家さん(管理会社)の許可が必要です。「子育てのためにホームステイを受け入れしたいのですが?」と相談してみましょう。また、Airbnbなどを利用したホームステイ型民泊も許可が得られる可能性があります。

<ケース3> 分譲マンションの場合:始めやすさ度50パーセント。

マンション管理組合への確認や近隣住民との関係が重要です。マンション管理組合に相談してみましょう。騒音やゴミ問題に徹底対処するなどの条件付きで、認めてもらえる可能性はあります。

<ケース4> 賃貸マンションの場合:始めやすさ度20パーセント。

大家さん(管理会社)の許可が必要になってきます。合わせて住民との関係も重要になってきます。クレームやトラブルへの対処や責任を全面に負う覚悟で相談してみれば、認めてくれる理解のある大家さん(管理会社)もいるはずです。

 

集合マンションなら留学生ホームステイの受け入れがねらい目!

繰り返しになりますが、集合マンションですと、旧来からある留学生ホームステイの受け入れが比較的始めやすくなります。

外国人留学生を受け入れする場合、国際交流の側面が世間で広まっていますので、マンションの管理組合も大家さんも認めてくれるケースが多いでしょう。法律上は地方自治体規定していません。

留学生ホームステイの受け入れが処罰された話は、およそ聞いたことがありません。そのため、「集合マンション」でも認めてくれる可能性はあります。

実際に当協会の講座受講生の中で集合マンションに住んでいる方、このタイプでホストファミリーを始めていて、国際交流を楽しんでいらっしゃいます。

学校や団体からの受け入れであっても完全に無償ではなく、1泊2000円〜3000円の謝礼を支払っている学校や団体もありますので、家計的にも苦しくならずに済みます。

1ヶ月受け入れした場合、60000円〜90000円ですから、住宅ローンや家賃の返済も少し楽になりますよね。

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

【オンライお茶会を実施】

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、始め方が分からない方や不安な方がいらっしゃいましたら、オンラインお茶会にいらしてください。

Zoomというアプリを使い、テレビ電話のような形で複数人で座談会を行いますので、インターネットがつながる場所ならどこからでも参加可能です。

やり方も簡単です。ご案内したURLをクリックするだけで自動的インストールが行われ、難しい設定は一切必要ありません。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

オンラインお茶会の日程はこちら