ホームステイに来た外国人に、どんな日本のマナーやルールを伝えたらいいの?

日本を初めて訪れた女の子との驚きの会話

日本にホームステイしてくる外国人は、日本のアニメをきっかけに日本の文化に興味を持った人がとても多いです。そのため、日本の一般的な家庭のことを良く知っていたり、文化についてもある程度の知識があります。

とはいえ、あくまでもアニメから情報が得ていることも多いので、誤った情報の入り方をしているケースも少なくありません。

先日、ちょっと驚いてしまうような、笑ってしまうような出来事がありました。

彼女はイスラエルから日本に2週間だけ滞在しに来た、それこそアニメにでてきそうな可愛らしい女性です。セーラムーンから入り、日本のありとあらゆる少女漫画や日本のアニメを知っていました。(好きなアニメのタイトルを聞いたのですが、私にはほとんど分かりませんでした・・・汗)

アニメの世界で見ていた憧れの日本。アニメを見て勉強した日本語を実践できる!そんな風に考えていたそうです。しかし、最初に彼女と交わした会話は・・・

私「初めまして。こんにちは。」 

彼女「ハジメマシテ。コンニチハ。」

私「すごいですね。日本語上手ですね!」

彼女「ハイ、スコシダケ ニホンゴハナセマス。」

彼女「ココハ オマエノイエデスカ?」

私「えっ!????汗」

 

ホストファミリーの心配事

上記のような例は笑い話ですが、これからホストファミリーをされる方で心配なのは、マナーの違い、およびマナーの違いによって引き起こされるトラブルではないでしょうか。

私たち日本人は、世界でも有数に(同じ先進国である欧米と比較してもなお)マナーに敏感な国であるため、外国人の粗野がなおさら目についてしまうのです。

街で見かけるだけならまゆをひそめて終わりですが、自分の家でマナー違反を犯されると、汚れや破損、近隣トラブルを被りかねませんね。

ホームステイして交流する外国人にはぜひ、日本のマナーについても教えていきたいものです。あなたの家を清潔・快適に保つためだけだなく、これから確実に増えてくるであろう外国人が日本のマナーを知ってもらうために一役買うのはいかがでしょうか?

1.話せばわかる!マナーを教えることの重要性を、まずは理解しよう。

「インバウンド」「民泊」「Airbnb」がニュースやメディアで取り上げられる機会が増えて久しいですが、その話題の半分くらいは、外国人のマナートラブルを嘆くようなものかもしれません。私たちはそれを見て、呆れたり嘆いたりしますが、単なる文化の違いから来ているものも少なくありません。

1−1.「言わなくても察してよ」の日本人心理は、逆に外国人を困らせている。

そうなのです。呆れたり嘆いたり、影でこそこそ悪口を言ったりする前に、マナー違反を犯してる当事者に対して、はっきり「マナー違反ですよ」と注意してはどうでしょうか?

近年、「KY」という言葉が流行語になったように、もともと日本人は、「言われなくても空気で察するべき」という精神的な習慣があります。しかしこれはあくまで日本の文化であり、1日前1ヵ月前に日本に来たばかりの外国人に同じことを求めるのは、酷というものです!彼らは日本の文化を知りませんし、そもそも価値観が異なりますから!

外国人からすれば、「素直に言葉にしない」という日本人の対人態度こそが、他人を困らせる厄介なものだと悩ましげに思われています。すると、私たちもまた、「世界マナー」を知り、使いこなせるようにすべきでしょう。

1−2.「だらしない」のではなく、「マナーが違う」だけかも?

マナーの悪い人たちを見て、私たちは「だらしないな」と感じてしまいがちですが、そうとも限らないのです。彼らの中には、「マナーを守る意図がない」わけではなく、「自国のマナーに従っている」ケースもあります。

そうした人の場合は特に、「日本のマナーはこうですよ」と優しく言うだけで、驚くほどあっさりと、改善されることもあるのです!

1−3.日本はそもそも、マナーや清潔観念の過剰な国。

外国人のマナーの粗野が目についてしまう理由の一つがこれです。日本はそもそも、マナーや清潔観念に対して、並外れて敏感なのです!

これは、敏感過ぎて「過剰」とも言えるレベル。たとえば、「除菌にこだわり過ぎるゆえにかえって健康を害している」といった警鐘を、健康情報番組などで目にしたことがあるでしょう。日本人に自殺やストレス病が多いのも、マナーに厳しすぎるがゆえという指摘がありますね。

私たちは、外国人ゲストに対して日本の一般マナーを教えるのと同時に、彼らの「ユルさ」を怒らず気にせず受け止める寛容さを、学ぶ必要があるかもしれません。外国人と交流するうえで、そのような気構えはとても重要です!

2.家庭でのマナー、何を教えてあげる?

それでは次は、シーン別で具体的なマナーの話をしていきましょう。最初は家庭でのマナーを取り上げます。あなたの家近所でトラブルが起きないように、またあなたの家で破損・汚染が起きないように、まずは最も身近なマナーを教えることから始めたいですね。

2−1.話し声のトーンを抑えてもらおう。

外国人ゲストを家に招いたときにまずびっくりするのが、「物音を立てる度合い」ではないでしょうか?まるで、子供が一人増えたみたいな…(笑)。

これは、やはり国ごとの気質や文化の違いが大きいのです。日本人は「やまとなでしこ」のような雅(みやび)な文化を持っており、特に上流階級でなくても少なからずの穏やかさを身に着けています。

しかし、「隣の部屋に聞こえないようにしゃべる」「音を立てずに歩く」といった観念は外国人には乏しいため、どうしても彼らの振る舞いががさつに感じてしまうでしょう。(もちろん物静かな外国人もいっぱいいます。)

言動のすべてを静かにしてもらうよう教えるのは厳しいですが、話し声のトーンだけは抑えるように徹底してもらいましょうか。とは言え、「静かに話すのが日本のマナー」と教えてもぴんとこないと思われるので、「近隣からクレームが来るから」「日本の家屋は木造で防音性能が弱いから」といった理由を添えて、静かに話すことを徹底してもらうのが良策です。

2−2.クツを脱ぐ場所をきちんと教えよう。

近年は、外国でもクツを脱ぐ構造の家が増えてきています。が、まだまだ土足で生活している人は多いですし、日本の家庭がもっぱら土足厳禁であることを知らない外国人は少なくありません。「これくらい知ってるだろう」と思い込まず、しっかり伝えてあげましょう。

2−3.トイレのスリッパにも注意が必要!

履物つながりで言えば、トイレのスリッパにも注意してください。よく「トイレにスリッパがある」と日本の笑い話になることもありますが、トイレのスリッパを履いたままリビングや客室に出てきてしまう人もいますので伝えてあげましょう。

2−4.タバコのマナーを教えて、注意を徹底!

ご存知の通り、海外には喫煙マナーの無い国があります。町中や観客が大勢いるサッカー観戦でタバコを吸っている国もあるぐらいです。

もしタバコを吸う人であれば、町中でも「喫煙スペースで吸うように」としっかり教えるようにしましょう。

2−5.アルコールの年齢制限は、日本のルールを伝える!

日本では20歳から飲酒が可能とされていますが、海外では18歳や16歳でもう飲酒可能なところも多いです。彼らは日本の法律を知らず(気にせず)、当たり前のようにお酒を飲み始めるかもしれません。

しかし、アルコールはトラブルを招きやすく、また、監督責任があなたに降りかかってくることもありますので、「日本にいるときは20歳になるまでお酒は飲まないで!」とキツく教えるべきです。家の外でも飲まないようにしてもらいましょう。

3 食事のマナー、何を教えてあげる?

国によって差が出やすく、また、最も汚れに直結しやすいのが食事のマナーだと言えます。

3−1.「くちゃくちゃと音を立てるのは、日本では恥ずかしいですよ。」

一般的に日本では、子供のうちから「食べ物をくちゃくちゃ言わせないで」としつけます。しかし、それが世界共通かと言えばそうでもなく、大人になってもくちゃくちゃと音を立てながら食べる外国人は少なくありません。日本人でもいますが。。。

これは、ともに食事する私たちが不快感を強くするだけでなく、彼らが他の日本人と食事したときに恥をかいてしまいやすいことです。ですから、とても指摘しにくいことではありますが、「くちゃくちゃと音を立てて食べるのは、日本では恥ずかしいですよ。」と優しく教えてあげると良いですね。

3−2.「姿勢を正す」という概念も、外国では希薄。

座卓に正座して食事する家庭は日本でも減っていますが、イスに腰掛けるとしても「姿勢を正して」としつけることは多いでしょう。これも外国では当たり前というわけではなく、わりとだらっとした姿勢で食事をする外国人が多いです。左手を食器に添えない人も多いですね。

「家族が揃うまで待つ」「新聞などを読むのをやめる」といったことも含め、「姿勢を正して食事する」というマナーは日本の特徴と言えるので、改めて教えることは重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?マナーやルールにうるさい国、日本ですが、良い面もありますし悪い面もあります。これからさらに外国人が増え、摩擦が生じる可能性もあります。

特にホームステイを受け入れるホストファミリーからすると、マナー違反やルール違反が大きなストレスに感じる人も少なくないでしょう。また、直接指摘するのも抵抗がありますよね。

そこで、直接言いにくいことをどうやって指摘しているか?我が家で実践している方法をシェアします。

それは、普段から子供に「ご飯を食べるときはちゃんと座るんだよね」「スマホはいじっちゃいけないんだよね」と語りかけながら、ホームステイしている子が間接的に気がつくようにしてあげていることです。これだったら角が立つこともないですし、誰も傷つきません。

お子さんがいない場合は、さも他のホストファミリーでおきたことかのように話しながら、注意してあげることもできるかなと思います。

いずれにしても、ホームステイを希望する外国人は、基本的には日本の文化を学びたいと思って日本にやってきます。「知らないだけだんだな」と思って、優しく教えてあげたいものですね。

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

【オンライお茶会を実施】

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、始め方が分からない方や不安な方がいらっしゃいましたら、オンラインお茶会にいらしてください。

Zoomというアプリを使い、テレビ電話のような形で複数人で座談会を行いますので、インターネットがつながる場所ならどこからでも参加可能です。

やり方も簡単です。ご案内したURLをクリックするだけで自動的インストールが行われ、難しい設定は一切必要ありません。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

オンラインお茶会の日程はこちら