英語が苦手な人がホームステイを受け入れる時のコツ

1.ホームステイ受け入れに抵抗がある理由

ホームステイの受け入れに興味があるものの、なかなか踏み切れないでいる人にその理由を尋ねてみると、

「英語がしゃべれないし・・・。」

「英語がどうしても苦手意識があって・・・。」

「ちゃんと会話できるか不安で・・・。」

 

たしかに、外国人を受け入れることの多いホームステイにおいて、英語がしゃべれるかどうかということは生命線のようなイメージがありますよね。

しかし、英語がしゃべれない人でもホームステイ受け入れはできるのです!

いったいどうして!?ビックリされるかもしれませんが、案外シンプルで簡単なことであったりします。

ホームステイの受け入れは、あなたがイメージしているとおり、とても楽しくて有意義なもの。この記事では、英語がしゃべれない人でもばっちりホームステイ受け入れを行えるようになるための準備とコツをお話ししていきましょう。

2.留学生受け入れのホームステイなら、ホストファミリーに英語力は求められない!

英語に不安に感じている方にまず最初にオススメするのは、大学や日本語学校から外国人留学生を受け入れる昔ながらのホームステイです。

なぜ英語がしゃべれない人でも大丈夫なのでしょうか?

それは、大学や日本語学校に学びにくる留学生は「日本語を勉強したい!」「勉強している日本語を実践したい!」という人たちだからです。

あなたやあなたのお子さんが海外に留学することを想像してみると分かると思います。英語を実践するために海外に留学しますよね。

まったく同じ理由で、海外から日本にやってくる外国人留学生は、日本語を学びたがっているため、日本語のシャワーをどんどん浴びせてあげることが、留学生のためになります。(ちょっとスパルタではあるかもしれませんが・・・笑)

そのため、ホストファミリーに英語力は求められないのです。

どの教育機関でも、「ホームステイ登録の条件」という項目を載せているはずですが、およそ100パーセントの確率で、「英語がしゃべれない人でも大丈夫!」と書いているはずですよ。

3.流行りのAirbnbでもOK!英語が苦手でも受け入れるアイデアはある!

「留学生受け入れのホームステイではなく、流行りのAirbnb(エアビーアンドビー)で受け入れるホームステイ民泊がいいんだけどなぁ・・・。」そんな人も多いかもしれませんね。

大丈夫!ホームステイ民泊においても、英語がしゃべれない人に可能な方法はあります。

必要な言葉はあらかじめ調べ、文章で対応する。

話しかけられた英語にとっさに答えることが難しくても、時間をかけて落ち着いて考えたり調べたりすれば、意思を伝えられる人も少なくないことでしょう。今はGoogle翻訳なども発達して、無料で使うこともできます。

また、そういう人は、あらかじめ英語翻訳文のリストを作ってしまうのが得策。

「客室の中では静かに過ごしてください。」「シャワーは夜12時までにしてください。」などなど、使うことがわかりきっているフレーズを、あらかじめ調べてリスト化しておくのはいかがでしょうか

それらをハウスルールにまとめておいて、事前に送っておいたり、家に到着した時に読んでもらったり、貼り紙にして客室や家の中に掲示しておけば、あなた自身が英語をしゃべらなくても、必要事項がゲストに伝えられますね。

【ホームステイに役立つ英文例】

1.「わからないことがあったら、お気軽に聞いてくださいね。」 If you have any question, please ask me.

2.「客室はキレイに使ってくださいね。」 Please keep clean your room.

3.「ゴミはきちんと分別をしてくださいね。」 Please separate the rubbish.

4.「門限は夜の11時です。」Curfew is 11 o’clock in the evening.

5.「部屋を出るときは、照明やエアコンの電源を切ってくださいね。」 When you go out the room, please turn off light and air conditioner.

4.でもやっぱり、英語で会話ができた方が数倍楽しい!

このように「英語がしゃべれない人でもOK」ではありますが、しかしやっぱりせっかくですから英語で会話したいですよね!

相手も片言の日本語でがんばって話しかけてくれるのですから、気持ちは同じです。こちらからは片言の英語でも、のんびりマイペースに進めていけば良いのです。

あなたが「どうしても英語の苦手意識が・・・」というのであれば、それはそれでもOKです。繰り返しますが、ホストファミリーに英語を義務付けてはいないのですから。

経験してみると痛感することですが、意思疎通というものは、ジェスチャーと「意思」さえあれば、けっこう伝わるものです。食べる、寝る、「静かに!」、トイレなど、日常的な行動は容易にジェスチャーできますし、スクール、スーパーマーケット、レストランなど、すでに日本でも常用語と化した英語もたくさんありますよね。

肩のチカラを抜いて楽しむ気持ちで英語を実践することができるのもホストファミリーの魅力の1つです。

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

【オンライお茶会を実施】

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、始め方が分からない方や不安な方がいらっしゃいましたら、オンラインお茶会にいらしてください。

Zoomというアプリを使い、テレビ電話のような形で複数人で座談会を行いますので、インターネットがつながる場所ならどこからでも参加可能です。

やり方も簡単です。ご案内したURLをクリックするだけで自動的インストールが行われ、難しい設定は一切必要ありません。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

オンラインお茶会の日程はこちら