【連載第40回】子育てママのホストマザー体験記「ホームステイ後のチェックポイントとゴミ問題」

みなさん、こんにちは。ホストマザーのくろこ けいこです。

わが家に3カ月ホームステイしていたKiwiが、デンマークに帰国してすでに3週間がたちました。さて、ゲストが帰ったあとのホストファミリーって、いったい何をしているのでしょうか?

最初にやること

まずゲストルームの中をチェック!忘れ物がないか、壊れた箇所はないかを見ていきます。わが家では、幸いなことに今まで何か壊されたということはありません。

が、ゲストがカーテンレールに洗濯物をかけるので、カーテンレールがはずれそうになっていたことがありました(笑)しかも、ゲストが帰ってから気が付きました。言ったら怒られると思ったのかしら。でも、ホストファミリーとしては正直に言ってほしいところですよね。

それから、部屋でお菓子を食べたり、飲んだりしていることも多いので、シーツや(なぜか)壁にシミができていることがありました。コーラか何かを壁にこぼしたのでしょうか?

ふだんゲストがいるときは、服や教科書やいろいろなものがあって気づかなかったけれど、ゲストが帰ったあと、部屋が空っぽになってから観察すると、細かいところでいろいろと「あれっ?」と思うことはあります(笑)

ただ、わが家では、夜中にキッチンの方にあまり来てほしくないので(寝室がキッチンのとなりなのであまりうるさくしてほしくないのです)、ゲストルームでの飲食はOKにしています。もし、ゲストに部屋で飲食しないでほしいという場合は、事前にそのように伝えておいた方がいいでしょう。

あふれるゴミ あれこれ

さて、次はゲストルームの掃除と片付けです。Kiwiは部屋をとてもきれいに使ってくれたので掃除は簡単でした。が、やはり3カ月も日本にいて帰国するとなると、いろいろ処分したいものがでてきますよね。Kiwiもたくさんのゴミを残していきました。(もちろん私の許可を取ってからです。)

通常の可燃ごみならすぐに捨てられるんですが、不燃ごみやスプレー缶、段ボールなど次の収集日まで日にちがあいているものもありますよね。それらは仕分けをして、ゴミ出しの日を忘れないようにしておきます。それまでの間、ゲストルームはゴミ置き場になります(笑)

ちなみに、Kiwiはスプレー缶を3本置いていったんですが、まだ使いかけだったので、中のガスを抜くのが大変でした。Kiwiにお願いして、ガス抜きしておいてもらえばよかった~。

ほかには、洋服を何枚も処分していました。ゲストの出したゴミは、分別がちゃんとできているかちょっと気になるので、私は基本的には中身をチェックしています。だから「あれ~、このTシャツ捨てちゃうんだ~、似合ってたのに。」とか心の中で思いながら、(余計なお世話ですよね)たたみ直して、ゴミ袋に入れたりしてます(笑)

ちなみに小1の娘は、Kiwiが大好きなので、Kiwiの置いていった服を勝手に持ち出して、鏡の前でファッションショーをしていました(笑)

こんな感じでゴミを処分する時間ですら、帰国したゲストとの思い出にひたれる楽しい時間です。

ただ、やっぱり、ゲストには時間に余裕をもって部屋の片づけをしてもらいたいという願いはあります。「大量のゴミは、もっと早めに出してほしい!重いゴミは、ゴミ置き場までせめて一緒に運んでほしい!」と、いつも思っているんですが、なかなか…。

みんな帰国直前になってあわててパッキングをするものだから、スーツケースに入りきらないものがゴミとして置いていかれる、といういつものパターン。まあ、私が相手の立場だったら…たぶん同じことをするに決まっているので、ここは大目に見ようと思ってます(笑)

甘え上手なKiwi?

そうそう。大目に見ると言えば、Kiwiはとってもいい子だったんですが、一つだけ、私としては「えっ?また!」ということがありました。それは昼ごはんです。

Kiwiが通っていた日本語学校からは、ホストファミリーがやることとして「平日の朝晩2食、休日の朝昼晩の3食を提供する」というルールがありました。つまり、平日の昼ごはんは、ゲストが自分で買ってくるなり、どこかへ食べに行くなり、自分で用意してね、ということなんです。だから、これまでのゲストは、授業が午後から始まる日でも、10時すぎには家を出かけて、どこかでお昼を食べていました。

が、Kiwiはなぜかいつも、授業の1~2時間前に家を出ます。たとえば、授業が夕方からの日には3時ごろまで、ずっと家にいるんです。わが家の居心地がいいから?なーんて、最初は私ものんびりしていました。

ところが、お昼ごろになると「ちょっとおなか空いちゃった。なにか、食べるものあるかな?」とか「Keikoさんは、なにか食べる?」という感じで聞いてくるんですよ。それもちょっぴり甘えた感じで(笑)

こんな調子でかわいく聞いてくるので、私も初めは「まっ、ちょっとくらいいいか!どうせ私もお昼食べるんだし。」と思って、お昼を出していたら、常習化していきました(笑)いやいやいや~。それはないでしょ。

しかも、食事のあとの食器洗いはKiwiのお手伝いと決まっているんですが、家を出る直前までおしゃべりをしていて「時間がなくなっちゃった!」と言うんです。おいおい!

これには私もちょっとイラっときて、「せめて、食べたら洗ってから行こうね。そもそも、お昼ごはんは自分で用意するっているルールなんだよ。」と何回か伝えました。食器は洗ってくれるようになりましたが…。お昼をねだってくるのは、最後まで続きました(笑)

なんだろう、私の英語がうまく伝わっていないのかな?それとも、ただの甘え上手?どういうことなんでしょ。私も、自分の分だけ昼ごはんを作って食べているのに、Kiwiには買ってきなさい、とは強く言えなくて。日本人の感覚として、わかりますかねえ?

まあ、私もKiwiと一緒に過ごしたり、おしゃべりする時間がとても楽しかったので、Kiwiにはお昼ごはんを出しましたが、もしかしたら他のゲストだったら、出さなかったかもしれません。やっぱりKiwiの人柄が大きかったんでしょうね。

ルール通りにはいかないこともあるけど。やっぱりコミュニケーションが大切なので、お互いにとって、居心地が良くなるようにいろいろと調整していけたらいいなと思います。

つづく

=== お知らせ① ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

 

=== お知らせ②  ===

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

お茶会の日程はこちら